「SING/シング」長澤まさみがオリジナルソングを熱唱 一部本編を先行公開 | アニメ!アニメ!

「SING/シング」長澤まさみがオリジナルソングを熱唱 一部本編を先行公開

ニュース

3月17日ロードショーの映画『SING/シング』の本編映像が公開された。パンクロック少女のアッシュを演じる長澤まさみが、本作のオリジナル曲「セット・イット・オール・フリー」を歌い上げている。

ヤマアラシのアッシュは歌のオーディションに彼氏と一緒に応募したものの、自分だけが合格してしまったために関係をこじらせてしまう。そんな傷心を感じつつも本番のステージで披露するのがオリジナル曲の「セット・イット・オール・フリー」だ。失恋を乗り越えようとするアッシュの想いが綴られた力強い歌詞と、爽快なサウンドが合わさったロックナンバーとなっている。
本作では数多くの名曲たちが使用されているが、オリジナルは本楽曲のみである。オリジナル版ではスカーレット・ヨハンソンが歌っているが、吹替版では長澤まさみが堂々たる歌声で熱唱した。


長澤はこのシーンについて「あまりシャウトするような歌を普段歌わないので、挑戦だったのですが、思いっきり演じてなんとか形になったかなと思います。彼女自身が自分の殻を破って曲を作り上げるというストーリーになっているので、それに自分も気持ちが乗れたかなと思いました」とコメント。注目ポイントについては「アッシュのその時の気持ちを歌っている歌なので、ただ一つの”歌”という感じではなくて、”セリフ”として見ている人の心に届いたらいいなと思いました」と語った。
また長澤自身も事務所のオーディションを受けたときに、自己アピールとして歌を披露したそうだ。「別に得意ではなかったんですが…そこでまんまと音程を外してしまって歌うことの難しさを知りました。その時の恥ずかしかったなという想いがあったので、歌を上手くなりたいと思い、なんとなく歌ったりしていたらこういうお仕事をいただけるようになって。苦手なことは克服できるんだなと自分も身を以て感じましたね」と過去を振り返った。自分と重なる部分もあるアッシュをどのように演じているのか要注目だ。

『SING/シング』
3月17日(金) TOHOシネマズスカラ座他全国ロードショー

(C)Universal Studios.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「SING/シング」ステーショナリーセットを3名様にプレゼント 画像 「SING/シング」ステーショナリーセットを3名様にプレゼント
  • 「SING/シング」吹替版予告編 内村光良、長澤まさみ、大橋卓弥らキャスト陣が歌声披露 画像 「SING/シング」吹替版予告編 内村光良、長澤まさみ、大橋卓弥らキャスト陣が歌声披露

特集