無修正 R18+バージョンの公開決定 「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」 | アニメ!アニメ!

無修正 R18+バージョンの公開決定 「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」

ニュース 映画/ドラマ

2月1日から全国公開する『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』は、原作の世界観を映像で再現することを目指した結果、鑑賞を15歳以上に限定したR15+指定になったことが話題を呼んでいる。
映画では鷹の団の壊滅シーン“蝕”が最大の見せ場になる。しかし、刺激の強い肉体損壊と性愛描写があるとの指摘から映画倫理委員会よりR15+と判断された。

しかし、実はこのさらにうえを行くR18+バージョンが存在することが明らかになった。このR18+バーションが、R15+バージョンの公開と同日の2月1日から、新宿バルト9と梅田ブルク7の一部時間帯でレイトショー興行をすることが決定した。
かなり限定的とはなるが、劇場アニメとしては珍しい、R18+作品の公開が実現する。R15+の前に制作された貴重なオリジナルバーションを観ることが可能になった。

『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』は、三浦建太郎さん原作の世界的に人気マンガを原作にしたものだ。2012年の『黄金時代篇I 覇王の卵』、『ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略』に続き、人気の高い黄金時代篇を3部作にまとめたその最後を飾るものとなる。
原作の世界観を最大限に引き出したその映像が大きな話題を呼んできた。最終章ではこれまでのこうした方針を引継ぎ原作に忠実に描いた作品となった。
しかし、映倫より「大人向きの作品で、極めて刺激の強い性愛描写がみられる」としてR18+(18歳以上は鑑賞可)の指定となった。配給は第一部、第二部を観てきた幅広いファンに映画を楽しんで欲しいと考え、映像をカットをせず、明るさなどを調整したR15+版を制作、これにより全国興行を行う。一方で、オリジナルバージョンも可能であれば観て欲しいとして今回の興行が決定した。R15+バージョンと併せて、R18+バージョンも気にしたい。

『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』
R18+バージョン上映
上映日: 2月1日(金)~
上映劇場: 新宿バルト9、梅田ブルク7
※両劇場とも、R-15+版の通常上映もあり。

『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』
/http://www.berserkfilm.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 全編287分 櫻井孝宏が提案!「ベルセルク」黄金時代篇3部作オールナイト開催  画像 全編287分 櫻井孝宏が提案!「ベルセルク」黄金時代篇3部作オールナイト開催 
  • 最終章公開直前、映画「ベルセルク」 新宿バルト9エレベーターを“蝕”に変える  画像 最終章公開直前、映画「ベルセルク」 新宿バルト9エレベーターを“蝕”に変える 

特集