「ソードアート・オンライン」が秋葉原・なか卯を埋め尽くす! コラボ店舗に行ってみた | アニメ!アニメ!

「ソードアート・オンライン」が秋葉原・なか卯を埋め尽くす! コラボ店舗に行ってみた

イベント・レポート

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』と、京風うどんの「なか卵」とのコラボレーションキャンペーンが2月8日よりスタートした。描き下ろしオリジナルカードのプレゼントなど、多彩な企画が用意されている。
とりわけ注目したいのが、なか卯秋葉原店舗でのコラボラッピングだ。なか卯の制服を来たキャラクターたちが店内外に飾られる。今回、実際に店舗に足を運んでみたので、その模様をお届けする。


店舗に到着し、まず目を引くのがコラボ仕様のメイン看板だ。なか卯のロゴを挟む形で、制服姿を身にまとったキリトとアスナが来店客をお出迎え。看板は今回のコラボのために張り替えられたもので、特別感にあふれている。


看板下の入口の左右には、リズベットとシリカが並んでいる。

店内に入ってみると、キャラクターが描かれたビジュアルが至るところに見られる。店舗奥には私服姿に身を包んだ5人がズラリと整列しており、そのほか劇場作「オーディナル・スケール-」のビジュアルも掲出。店舗全体が「ソードアート・オンライン」一色であり、ファンにはたまらない空間となっていた。





こだわりは、ビジュアルだけにとどまらない。アスナ役・戸松遥による店内放送も実施。「アスナが新人として店内放送を任された」という設定で、今回のキャンペーンの説明を行っていた。ちなみに彼女のお気に入りのメニューは「親子丼」とのこと。
さらに券売機もコラボ仕様となり、一部メニューを注文するとアスナの声で再生される。実際に親子丼を注文すると、「オヤコ」というボイスを聴くことができた。いろんな彼女の声を聴くため、ほかのメニューでも試したいところだ。



コラボキャンペーンは、2月8日から3月14日の期間、第2弾まで実施される。期間中に対象商品を注文すると、描き下ろしのオリジナルカードがプレゼントされる。絵柄はそれぞれで異なり、第1弾は2月8日から2月21日までで制服姿を身にまとったイラスト全6種、第2弾は2月22日から3月14日までで私服姿のイラスト全6種がラインナップされている。

さらにウェブ抽選でオリジナルグッズがもらえるキャンメーンも実施。対象商品を注文し、キャンペーンサイトにて応募をすると、抽選で合計1,000名にオリジナルグッズをプレゼントする。目玉となるのは、A章の「アスナがしゃべるA3ボイスタペストリー」だ。

キリトやアスナらキャラクターたちで店舗が埋め尽くされる今回のコラボ。ファンにとってはとりわけ注目を集めそうだ。

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

特集