「ひるね姫」ニューヨーク国際子ども映画祭でクロージング上映決定 神山健治監督も登壇へ | アニメ!アニメ!

「ひるね姫」ニューヨーク国際子ども映画祭でクロージング上映決定 神山健治監督も登壇へ

ニュース

『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』など重厚な世界設定が魅力の作品を世に送り出してきた神山健治監督。最新作となるのが3月18日公開の『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』だ。
このたび、本作がアメリカ・ニューヨーク市で開催される「ニューヨーク国際子ども映画祭」にて上映されることが決定した。本映画祭が北米プレミア上映となる。

本イベントは現地時間の2月24日から3月19日に開催される、北米最大の子ども映画祭。2000年以降は毎年前売り券が完売するなど注目を集めているほか、日本で話題のアニメ―ション作品を上映することでも知られている。
過去には『サマー・ウォーズ』や『マイマイ新子と千年の魔法』なども上映され、現地のアニメファンを虜にした。2012年には『風の谷のナウシカ』や『千と千尋の神隠し』をはじめとしたスタジオジブリ作品全14本が上映されたことも話題になった。

『ひるね姫』は、映画祭最終日となる現地時間3月19日のメイン作品(Closing Spotlight)として上映される予定。当日は神山監督も現地での登壇を予定している。
神山監督の作品は『攻殻機動隊S.A.C.』をはじめ、海外にも熱狂的なファンを多く持っている。そんな監督の最新作の披露とあって、映画祭でも一際多くの注目が集まることが期待される。

『ひるね姫』は、神山監督がテーマとして選んだ「夢」がキーワードになる劇場オリジナルアニメーション。
いたって平凡な女子高生・ココネを主人公に据え、夢と現実がスリリングにクロスするロードムービーが展開する。
ココネを演じるのは連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロインほか多くのドラマ、映画で注目を集める女優の高畑充希。そのほか満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介といった実力派が声優として参加する。

ニューヨーク国際子ども映画祭
現地2月24日(金)~3月19日(日)開催
公式サイト:http://nyicff.org/
(C)2017 ひるね姫製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「ゆうばり映画祭」2017年ラインナップが発表 「ひるね姫」がオープニング招待作品に 画像 「ゆうばり映画祭」2017年ラインナップが発表 「ひるね姫」がオープニング招待作品に
  • 神山健治監督作品を一挙配信する「神山祭」がスタート 「攻殻」「東のエデン」など8作品 画像 神山健治監督作品を一挙配信する「神山祭」がスタート 「攻殻」「東のエデン」など8作品

特集