「ゆうばり映画祭」2017年ラインナップが発表 「ひるね姫」がオープニング招待作品に | アニメ!アニメ!

「ゆうばり映画祭」2017年ラインナップが発表 「ひるね姫」がオープニング招待作品に

ニュース

2017年3月2日から6日にかけて開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2017」は1月16日にラインナップ記者会見を行い、今期の各部門上映作品等を発表した。オープニング招待作品には、神山健治の劇場アニメ最新作となる『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』が選ばれている。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2017」とは、1990年より北海道夕張市で開催されている映画祭だ。「イマジネーションとエンタテインメント性豊かなファンタスティック映画」を上映対象としており、国際色の豊かさも特徴となっている。

オープニング招待作品に決定した『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は、『東のエデン』や『精霊の守り人』、『攻殻機動隊S.A.C.』などで知られるアニメ監督・神山健治の最新作だ。重厚な世界設定を駆使した人間ドラマを得意とする神山が、本作では「夢」をテーマにした物語を描いている。特技は昼寝だという主人公の女子高生・森川ココネ役に女優の高畑充希が起用されるなど、豪華な声優陣でも話題の作品だ。
また『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』の実写パートでぬらりひょんを演じたことでも注目を集めた斎藤工は、「齊藤工」名義で長編初監督作に挑戦した『blank13』での参加が決定しており、本映画祭でワールドプレミア上映を迎えることになった。招待作品にはこのほかEXILE メンバーが出演する本格時代劇『たたら侍』、ゴールデン・グローブ賞ノミネートの『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』と『LION/ライオン ~25年目のただいま~』、國村隼の怪演で話題沸騰のスリラー『哭声/コクソン』などが選ばれている。

記者会見に登壇した夕張市・鈴木直道市長は「3月6日は夕張が財政再建団体に認定された日で、今年は(映画祭)期間中に記念すべき日を迎えます。今年から北海道では初の学生ボランティア(北海学園、札幌大学)の単位認定も始まり、ゆうばりのリスタートを象徴する年でもあり、そうしたいと思っています」とコメントし、「ぜひ今年もみなさんに足を運んで頂き、『世界で一番、楽しい映画祭』を目指して行きたいです」との抱負を語った。
本年度は計86作品が披露されるという「ゆうばり映画祭」は、今年も大きく盛り上がることになりそうだ。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2017
2017年3月2日(木)~3月6日(月)
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017 開催日程決定 コンペ部門も募集開始 画像 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017 開催日程決定 コンペ部門も募集開始
  • ゆうばり映画祭2016 「セーラー服と機関銃-卒業-」橋本環奈らの参加が決定 画像 ゆうばり映画祭2016 「セーラー服と機関銃-卒業-」橋本環奈らの参加が決定

特集