「TRIBUTE TO OTOMO」岸本斉史、貞本義行ら約80名が参加 大友克洋の世界を描き下ろし | アニメ!アニメ!

「TRIBUTE TO OTOMO」岸本斉史、貞本義行ら約80名が参加 大友克洋の世界を描き下ろし

ニュース

未だに色あせず、世界中のファンから愛され続けている『AKIRA』は連載から28年の月日が経った。LINEスタンプ化や、作中で描かれた「2020年東京オリンピック」が現実になり、話題も尽きない本作。
その作者、大友克洋の世界を描き下ろした本「TRIBUTE TO OTOMO」が講談社から発売されることが明らかになった。第一線で活躍しているマンガ家やイラストレーターら約80名が参加する豪華な内容となっている。

大友克洋は『童夢』や『AKIRA』などマンガを連載、自ら手がけたアニメ映画『AKIRA』は国内外でも高い評価を受けた。その後も『スチームボーイ』や『SHORT PEACE』を手がけ、実写映画『蟲師』やキャラクターデザインなど、活躍は多岐にわたる。
今回発売が決定した「TRIBUTE TO OTOMO」はタイトルの通り大友克洋へトリビュートとしたイラスト集。フランスで開催される「アングレーム国際漫画祭」開催日である2017年1月26日に発売される。この「アングレーム国際漫画祭」は、フランスのアングレーム市で行われるバンド・デシネのイベントで、1974年より開催されている歴史あるマンガの祭典だ。

大友克洋の世界を描きおろすというこの本には、フランスを代表する作家ブノワ・ペータースの序文にはじまり、豪華な面々が揃っている。浅田弘幸、江口寿史、五十嵐大介、上條淳士、桂正和、岸本斉史、松本大洋、望月峯太郎 村田蓮爾、弐瓶勉、貞本義行、士郎正宗、田島昭宇、高野文子、竹谷隆之、谷口ジロー 寺田克也、浦沢直樹、吉田戦車とマンガ家からイラストレーター、キャラクターデザイナーと幅広く、ジャンルも様々だ。B4サイズ168ページというボリュームで、価格は5,000円(税別)である。

「TRIBUTE TO OTOMO」
発売日: 2017年1月26日(木)
定価: 本体5,000円(税別)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • SFアクション大作「AKIRA」「スプリガン」を二本立て上映 目黒シネマにて8月27日から 画像 SFアクション大作「AKIRA」「スプリガン」を二本立て上映 目黒シネマにて8月27日から
  • 『AKIRA』、大友克洋の世界がLINEスタンプに 「デコ助野郎」から「健康優良不良少年」まで 画像 『AKIRA』、大友克洋の世界がLINEスタンプに 「デコ助野郎」から「健康優良不良少年」まで

特集