仮面ライダー「MOVIE大戦」悪の医者Dr.パックマン役に佐野史郎 | アニメ!アニメ!

仮面ライダー「MOVIE大戦」悪の医者Dr.パックマン役に佐野史郎

ニュース

毎年恒例となったTVシリーズの新旧ライダーが共闘するMOVIE大戦シリーズ。今年も、装いも新たに“レベルアップ”したMOVIE大戦『仮面ライダー平成ジェネレーションズDr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』が公開をひかえる。今回、この新作MOVIE大戦の予告編が公開、またライダーたちの前に立ちはだかるDr.パックマンを演じるキャストが明らかになった。

予告編は正体不明のゲームウイルスの恐怖に世界が翻弄されるカットからはじまり、続いてエグゼイドとゴーストは強大な敵、Dr.パックマンに翻弄される。今回Dr.パックマンそしてその正体、財前美智彦を演じるのは、映画・ドラマ・舞台と多方面で活躍を見せるベテラン俳優、佐野史郎氏だ。プロデューサーの大森敬仁氏によると、今回の映画のテーマでもあるドクターVSドクターを実現するため、最強であり最悪であるドクターの存在感を求めて佐野氏に白羽の矢が立ったそうだ。
佐野氏演じる遺伝子医療の権威である財前は、闇に葬られたゲノムプロジェクトを再び始動させるため、Dr.パックマンとしてエグゼイドらライダーの前に立ちはだかる。さらに、財前が変身した姿「ゲノムス」も今回の映像の中で明らかになった。

佐野史郎氏は今回の出演に際して「初めて仮面ライダーシリーズに出演させていただき光栄です。しかもシリーズ45周年記念作品!!クラシックホラーのフランケンシュタイン博士を彷彿させるマッドサイエンティスト財前役は演じていて俳優冥利に尽きました。劇中、「あの時の高校生が仮面ライダーになるとはな」と言う台詞があるのですが、私が高校生の時に仮面ライダー1号が登場した時のことが思い出され、「あの時の高校生が仮面ライダーに出るとはな」という自分へのメッセージでもありました」と、仮面ライダーシリーズへの思いと、出演できる喜びを語った。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズDr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』は、2016年12月10日(土)に公開だ。



『仮面ライダー平成ジェネレーションズDr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』
「エグゼイド&ゴースト」製作委員会 (C)石森プロ・ テレビ朝日ADK ADK・東映 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《古戸圭一朗》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」プロレスラー棚橋弘至が満を持してのリングイン! 画像 「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」プロレスラー棚橋弘至が満を持してのリングイン!
  • 「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」 新場面写真公開 豪華前売プレミアムセットも 画像 「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」 新場面写真公開 豪華前売プレミアムセットも

特集