「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」松本梨香インタビュー サトシと歩み寄り、共に成長してきた19年間 | アニメ!アニメ!

「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」松本梨香インタビュー サトシと歩み寄り、共に成長してきた19年間

インタビュー

「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」松本梨香インタビュー サトシと歩み寄り、共に成長してきた19年間
  • 「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」松本梨香インタビュー サトシと歩み寄り、共に成長してきた19年間
  • 「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」松本梨香インタビュー サトシと歩み寄り、共に成長してきた19年間
  • 「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」松本梨香インタビュー サトシと歩み寄り、共に成長してきた19年間
  • 「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」松本梨香インタビュー サトシと歩み寄り、共に成長してきた19年間
  • 「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」松本梨香インタビュー サトシと歩み寄り、共に成長してきた19年間
7月16日、「ポケモン映画」の第19弾『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』の公開がスタートする。
原作であるゲームが20周年、さらにテレビアニメ『ポケットモンスターXY&Z』も佳境に突入したタイミングで公開される本作は、幻のポケモン・ボルケニオンと人造ポケモン・マギアナを中心に物語が展開。人間のことを嫌うボルケニオンがサトシたちと徐々に絆を深めていくストーリーはもちろん、磨きのかかったアクションシーンなど見どころを挙げると枚挙にいとまがない。
今回アニメ!アニメ!では、主人公・サトシ役を19年にわたり務めてきた松本梨香さんにインタビューを実施した。映画最新作の注目ポイントはもちろん、サトシとともに歩んできた道のりの思い出などさまざまな話を聞いてきた。
[取材・構成:ユマ]

『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』
http://www.pokemon-movie.jp/
2016年7月16日(土)全国ロードショー

■ワクワクドキドキが止まらない『ポケモン』の魅力は健在

――今回で19作品目となる「ポケモン映画」ですが、松本さんはどこが見所だと思いますか?

松本
まず、絵が綺麗なところです(笑)。もうすぐアニメが20周年を迎えますが、
それに向けてスタッフの皆さんが力を入れていると映像を見てすぐに分かりました。
私自身映画を見たときに「うわ、綺麗!」と、思わず声に出てしまったんです。
ストーリーで言えば、19作品も続けてくれば普通なら似てしまう部分もあると思うんですがこの作品は過去のどれとも違う印象になっています。もちろんワクワクドキドキが止まらない『ポケモン』シリーズの魅力も健在なので、人生で少しでも『ポケモン』に触れてきた人は、見ないと損だと思います!

――「ポケモン映画」ではお馴染みのゲスト声優も多彩です。特に市川染五郎さんがボルケニオンを演じるのは大きなニュースになりましたが、声を聞いてみてどんな印象を持ちましたか?

松本
頑固一徹なお父さんの雰囲気が出てますよね。ポケモンはみんなが人と同じように心を持っているじゃないですか。映画を見ていると、ボルケニオンも他のポケモンと同様に心があることが声からも伝わってくると思います。


――物語でもボルケニオンは非常に重要な存在ですよね。

松本
ハイ。
サトシが普通に会話する場面もたくさん描かれていて、ボルケニオンがどんな性格であるかも物語では大切になってきますよね。私もボルケニオンの相手として、リアルに、自然にを心がけて演じさせて頂きました。
面白いと感じたのは、サトシとボルケニオンが絆を深めていく過程。ボルケニオンは最初サトシたちを避けるようにしていて、見た目も怖いです。こんなポケモンがいたら、普通はビクビクしてしまうと思うんですよ。それでもサトシだけは無防備な状態で接して…。そしてボルケニオンも、徐々に心の扉を開いていく。そこがサトシの一番の魅力。現実の世界でも、サトシの様に誰もが別け隔てなくコミュニケーションを取れれば素敵だなと思いました。

――ポケモンを演じるという意味では、あばれる君が演じたオニゴーリはいかがでしたか?

松本
すごくアニメと馴染んでいて、最初本当に出演しているのか分かりませんでした(笑)。
以前あばれる君には声優としての心構えをアドバイスさせて頂いたことがあって…。そのときに、
ただ声を当てるのではなく、自分の中で生まれた気持ちを表現するようにと伝えたんです。作るのではなく、感情、心を大事にするイメージですね。
アニメと馴染んでいたということは、それができていたということなので、
映画を見に行く人はぜひあばれる君の演技も確認してもらいたいです。

――ボルケニオンのように人の言葉をしゃべるポケモンは少なく、オニゴーリもセリフは鳴き声だけですよね。共演者である松本さんから見ても、苦労してると感じる機会もあるのではないでしょうか。

松本
怒りも喜びも、すべて一言で表現しなければいけませんからね。
その意味でもあばれる君はすごく頑張っていたんだと思います。
だけど結局は、キャストの皆さんが演じて楽しいと感じてくれればそれが一番だと思っています。今までたくさんの声優さんがポケモンを演じてきて、「ポケモンを演じられて嬉しかった」と言ってくれる人もたくさんいます。どちらかというとスタッフよりの意見ですけど、そんなことを言ってくれると私も嬉しい気持ちになりますよね。


《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • ピカチュウでプロポーズ! 「ポケモン」からブライダルリング、ファッションジュエリーが登場 画像 ピカチュウでプロポーズ! 「ポケモン」からブライダルリング、ファッションジュエリーが登場
  • 「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」舞台あいさつにキャスト陣が集結 これまでとは一味違う感動作に 画像 「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」舞台あいさつにキャスト陣が集結 これまでとは一味違う感動作に

特集