虚淵玄の挑戦「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ステージでは声優アフレコも

イベント・レポート

虚淵玄の挑戦「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ステージでは声優アフレコも
  • 虚淵玄の挑戦「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ステージでは声優アフレコも
  • 虚淵玄の挑戦「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ステージでは声優アフレコも
  • 虚淵玄の挑戦「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ステージでは声優アフレコも
  • 虚淵玄の挑戦「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ステージでは声優アフレコも
  • 虚淵玄の挑戦「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ステージでは声優アフレコも
  • 虚淵玄の挑戦「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ステージでは声優アフレコも
  • 虚淵玄の挑戦「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ステージでは声優アフレコも
  • 虚淵玄の挑戦「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ステージでは声優アフレコも
東京ビッグサイトにて3月25日から3月27日まで開催されているアニメの祭典AnimeJapan 2016。26日のRED STAGEでは、虚淵玄が手掛ける新作プロジェクト「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」のイベントが実施された。
壇上には虚淵のほか、声優として出演する鳥海浩輔、諏訪部順一、さらに主題歌を担当するT.M.Revolutionの西川貴教も登場。徐々に情報が公開され始めた本作の内容をさらに掘り下げる話題が展開した。

日本と台湾の共同企画として制作される本作は、任侠ファンタジーを描く布袋劇。原案・脚本・総監修を虚淵が担当し、制作を台湾の霹靂國際多媒體 股分有限公司が務める。
さらにキャラクターデザインにニトロプラス、造形アドバイザーにグッドスマイルカンパニーも加わっている。
布袋劇とは台湾で老若男女問わず絶大な人気を誇る人形劇のことで、虚淵いわく、現地でたまたま見たときに衝撃を受け、「これは絶対に日本でやらなきゃ」と使命感に駆られたのだという。

ここでステージには、実際に作中にも登場する人形が登場すると、人形師の手により動きの実演が披露される。
人形師は腕一本で人形の手や頭、さらに胴体の動きまで再現しており、人間と同様のリアルな動作を再現。そのクオリティの高さに鳥海、諏訪部の二人も驚いていた。そんな二人は人形の動きに合わせて生アフレコを行うと、会場からは大きな歓声があがる。
人形の動きに合わせてのボイス収録はアニメと違った難しさがあるという。そんな中でも諏訪部は「合わせる作業も心地いい」と、手応えを掴んでいるようだった。虚淵も収録時の話を展開すると、「アフレコで化けた」と自信を見せた。
また、人形師は二人一組で剣戟を披露し始めると、鮮やかな動きに会場からは自然と拍手が沸き起こっていた。

その後は鳥海、諏訪部がそれぞれ担当するキャラクターを紹介。鳥海が演じる凜雪鴉(リンセツア)は優雅な動きが特徴で、掴みどころのない性格だという。アニメでは、凜雪鴉が一体どんな人物であるかが、物語で大きな鍵になるとのこと。
一方諏訪部演じる殤不患(ショウフカン)は、正義感が強く、一見良い人に見えるという。しかし物語が進むに連れて、秘密を抱えている一面も垣間見えてくるそうだ。

イベントのラストでは、西川が歌う本作の主題歌「雷鳴」が初公開。さらにグッドスマイルカンパニーより、凜雪鴉のねんどろいどの発売も決定するなど、さまざまな情報が公開。
最後の挨拶では虚淵が「本場の布袋劇とはまた違ったものにしたい」と意気込みを語る。その一方で誰にでも楽しめるエンターテイメント作品に仕上げることも観客に向けて約束すると、イベントは幕を閉じた。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所: 東京ビッグサイト
《ユマ》

編集部おすすめのニュース

特集