実物大イングラムが東京マラソンを警備 話題の映画から応援出動

イベント・レポート

(c)2015HEADGEAR 「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会
  • (c)2015HEADGEAR 「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会
  • (c)2015HEADGEAR 「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会
  • (c)2015HEADGEAR 「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会
  • (c)2015HEADGEAR 「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会
2月22日開催の東京マラソン 2015に『THE NEXT GENERATION パトレイバー』の主役メカ・98式AVイングラムが出動した。警備とランナー応援のため実物大イングラムが、銀座に姿をみせ、デッキアップを実施した。
イングラムの登場は大勢の人を驚かせ、記念写真を撮るなどで大賑わいとなった。デッキアップ後は、ファンと一緒になって街中を走り抜けるランナーを応援した。

東京マラソン2015は小雨が降る中、9時10分にスタート。舞台となったのはその35km地点である銀座松竹スクエア広場である。そこに5月1日公開の長編劇場版『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』の撮影に使われた全長8メートルの実物大イングラムが待機した。
デッキアップは、10時30分に完了。イングラムが立ち上がり、その勇姿を披露した。肩には「いけ!ランナー。ここからが決戦!」「ゴールまであと7km。首都決戦はこれからだ!」と書かれたたすきを掲げ、ランナーを応援していった。
11時を過ぎには市民ランナーの中にも、カメラを取り出して写真を収める人も現れた。イングラムの人気ぶりを垣間見ることができた。

沿道の市民からは「イングラムの応援を受けて、あと7km頑張ろうという気持ちになるのでは」という言葉や「現場にしっかりと出てきて警備するのは特車二課らしい。安心です」と言った声があり、今回のデッキアップイベントも大成功を収めた。
中には「日本の警察はすごいわね」と本物と見まがうような声も聞かれた。東京マラソン2015でも強烈なインパクトを残したようだ。

『THE NEXT GENERATION パトレイバー』は1988年に誕生した『機動警察パトレイバー』の新作実写作品である。5月1日には『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』の公開が控えており、一大プロジェクトを締めくくる長編劇場版に大きな期待が寄せられている。
[高橋克則]

『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』
2015年5月1日、新宿ピカデリーほか全国公開予定
http://patlabor-nextgeneration.com
《高橋克則》

編集部おすすめのニュース

特集