アニメはこうして誕生する スタジオ地図ブースは細田守作品から制作現場を再現 AJ2016

イベント・レポート

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
3月26日、27日と2日間にわたり開催されるAnimeJapan 2016のメインエリア。なかでも人目を惹くのは、アニメ制作会社やメーカーなどの趣向を凝らした各社ブースである。
2016年にとりわけ存在感を発揮したのは、今年が初出展となったスタジオ地図ブースである。スタジオ地図は『バケモノの子』や『おおかみこどもの雨と雪』のアニメーション制作でよく知られているが、その作品をトータルで紹介している。

スタジオ地図ブースでは、細田監督の4つの代表作を紹介するだけでなく、これを通じて、アニメづくりの楽しさを伝える異色のブースとなっていた。
ブースの壁面には『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』の4つの作品の巨大なビジュアルが掲げられている。そして中央には天井から吊るされた絵コンテが圧巻の風景を創り出す。さらに原画などの展示もあり、アニメを生み出す素材の魅力が掲げられる。

そして何よりも来場者から関心を呼んだのが、演出や美術、アニメーターの作業机を、東京ビッグサイトの会場に再現したことだ。現場の熱気がそこから伝わってくる。さらに26日には、実際に美術監督が会場を訪れて、美術の制作する様子を披露した。これに多くのファンが殺到した。

さらに併設して、2015年から展開するスタジオ地図SHOPも設けられている。かわいい、あるいはセンスがよく素朴な、細田作品の魅力伝えるここだけのグッズが手に入る。
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集