TVアニメ「ベルセルク」新情報公開 主要キャスト続投 音楽は鷺巣詩郎、劇中歌に平沢進

ニュース

7月から放送がアナウンスされている話題の大型テレビアニメシリーズ『ベルセルク』の最新情報が公開された。主要スタッフにキャスト陣、そしてキービジュアルが披露された。
ベールに包まれていた本作の詳細が明らかになる。また、本作は3月26日、27日には東京ビッグサイトで開催されるAnimeJapan 2016にも出展される。

『ベルセルク』は1989年10月から不定期で連載され、現在も白泉社の『ヤングアニマル』で長期連載されている。剣と魔法、そして魔物が存在する世界を舞台に、主人公・ガッツの壮絶なる生き様が描かれ、日本の読者だけでなく世界の読者も魅了するファンタジーマンガだ。
既刊37巻まで発売されており、国内累計2400万部、海外累計700万部を記録している。1997年に『剣風伝奇ベルセルク』と題して1度アニメ化されている。2011年にベルセルクのすべての物語を映像化することを目的とした「ベルセルク・サーガプロジェクト」が発表され、『黄金時代編』をアニメ映画3部作で2012年から2013年にかけて随時公開された。

今回もその「ベルセルク・サーガプロジェクト」の一環となる。主人公のガッツを演じる岩永洋昭をはじめ、櫻井孝宏や大塚明夫など3部作に登場したキャラクターたちのキャストはそのまま続投する。一方、今回から新たに登場するキャラクターにも水原薫や日笠陽子、興津和幸など豪華なメンバーが名前を連ねている。
一方、制作にはLIDENFILMSとなった。監督には『てーきゅう』シリーズの板垣伸、脚本は小説家でもあり『PSYCHO-PASS サイコパス』の深見真。メインキャラクターデザインには『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』で作画監督を担当した阿部恒

そして『ヱヴァンゲリオン 新劇場版』シリーズなどを手掛ける鷺巣詩郎などこちらの布陣も豪華になっている。劇中歌でアニメ『ベルセルク』でお馴染みの平沢進が参加するのはファンにはうれしいだろう。

キービジュアルで険しい表情で「ドラゴンころし」を突き立てるガッツ。彼の壮絶な生き様が再びテレビで観られる日はもうすぐそこまで迫っている。

テレビアニメ 『ベルセルク』

[スタッフ]
原作・総監修: 三浦建太郎 (スタジオ我画)(白泉社ヤングアニマル連載)
監督: 板垣伸
シリーズ構成: 深見真
シリーズ構成協力: 山下卓
メインキャラクターデザイン: 阿部恒
音楽: 鷺巣詩郎
劇中歌: 平沢進「灰よ」
制作: LIDENFILMS
アニメ制作: GEMBA/ミルパンセ

[キャスト]
ガッツ: 岩永洋昭
パック: 水原薫
ファルネーゼ: 日笠陽子
セルピコ: 興津和幸
イシドロ: 下野紘
アザン: 安元洋貴
キャスカ: 行成とあ
グリフィス: 櫻井孝宏
髑髏の騎士: 大塚明夫
ナレーション: 石塚運昇


(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/ベルセルク製作委員会
《尾花浩介》

編集部おすすめの記事

特集