「ハルチカ」が静岡でコラボレーション キャラクター設定・美術設定の展示会も

ニュース

テレビアニメ放送中の『ハルチカ』が、静岡に凱旋する。静岡県を中心としたコラボレーション企画が続々進行中だ。
『ハルチカ』は、初野晴の書く青春ミステリー小説を原作としている。高校の吹奏楽部を舞台に、身近に起きる事件の謎を主人公のハルタとチカたちが解決していく。
この物語の舞台になっているのが、静岡県だ。地元の人がアニメをみたらどこか見慣れた風景も登場する。今回のコラボレーションはこうしたつながりから実現した。

コラボレーションは、多彩だ。静岡市内の各所に『ハルチカ』のキャラクターパネルが設置され、プロサッカーチーム・清水エスパルスとのタイアップする。また各地を巡るスタンプラリー、作品に登場した名所を巡る「ハルチカ・聖地巡礼ツアー」などが企画される。聖地ならではのイベントである。
地元の足として活躍する静鉄電車沿線との企画もある。静鉄電車沿線のおすすめウォーキングを紹介する小冊子「うきうきウォーク」に「ハルチカコース」が登場。「ハルチカ×スイスイ 清水港まぐろきっぷ」の販売もある。
さらに静岡駅北口地下情報コーナー「しずチカ」では、「しずチカ×ハルチカ」展が開催される。会場ではキャラクター設定・美術設定などが展示される。このなかには静岡の風景もあるとのことだ

このほか都内でも、作品のイベントはたっぷりだ。期間限定ショップ「南高バザー 吹奏楽部出張販売所」が3月17日から4月3日まで新宿マルイアネックス6階 イベントスペースONEにて開催される。吹奏楽部部長の片桐が部費に困り、学校のバザーに参加するという設定が面白い。
会場はハルやチカたちが通う南高の体育館をイメージしており、第3話「退出ゲーム」で使用されたホワイトボードなど様々な展示品が登場する。グッズも満載だ。
3月19日にはブリドカット セーラ 恵美と山下誠一郎が来場し、グッズのお渡し会が行われる。限定カレンダーポストカードがプレゼントなども予定している。

『ハルチカ~ハルタとチカは青春する~』
(c)2016 初野晴/KADOKAWA/ハルチカ製作委員会
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集