「セーラームーンCrystal」第3期OPにやくしまるえつこ、EDはウラヌスとネプチューンのデュエット

ニュース

4月よりテレビアニメシリーズの第3期「デス・バスターズ編」の放送が始まる『美少女戦士セーラームーンCrystal』。その主題歌を担当するアーティストが発表された。
まずオープニングに大物が登場する。アーティスト、作詞作曲、音楽プロデューサーとして活躍するやくしまるえつこを起用する。またエンディングは本編に登場するセーラーウラヌスとセーラーネプチューンがデュエットで歌唱するかたちとなる。

はやくしまるえつこが歌うのは「ニュームーンに恋して」、作詞作曲も自身で行う。そのタイトルからも『美少女戦士セーラームーンCrystal』の世界観を取り入れていることが感じられ、ファンの期待を高めそうだ。やくしまるは2014年に発売された同作のトリビュートアルバムで人気曲「乙女のポリシー」をカバーしており、本作との関わりは深い。
エンディングのタイトルは「eternal eternity」だ。歌うのはセーラーウラヌス役の皆川純子とセーラーネプチューン役の大原さやかとこちらも豪華な組み合わとなった。ウラヌスとネプチューンは原作でも人気キャラクターだけに、どのような曲になるか興味深い。

また3月6日には、アニメイト池袋店にて第1話先行上映会が開催された。上映会では、今回新たにシリーズディレクターに就任した今千秋と原作担当編集の小佐野氏が登場しトークを繰り広げた。スタッフが一新され、新しくなったキャラクターデザインや変身シーンの話題を中心に制作エピソードを披露した。
『美少女戦士セーラームーンCrystal』は2014年7月よりニコニコ動画にて第1期と第2期が配信され、2015年4月から9月にかけてTVアニメとして放送された。新たなシリーズの登場が話題を呼んでいる。



アニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3期<デス・バスターズ編>

[スタッフ]
原作: 武内直子
監督: 今千秋
脚本・シリーズ構成: 小林雄次
キャラクターデザイン: 高橋晃
美術監督: 倉橋隆
音楽: 高梨康治(Team-MAX)
音楽制作: キングレコード
アニメーション制作: 東映アニメーション
(C)武内直子・PNP・講談社・東映アニメーション
《尾花浩介》

編集部おすすめの記事

特集