「仮面ライダー1号」入場者プレゼントに懐かしの“ライダーカード”

ニュース

(C)2016「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
  • (C)2016「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
  • (C)2016「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
3月26日公開の映画『仮面ライダー1号』、その入場者プレゼントがユニークな企画となった。往年のファンには懐かしい“仮面ライダーカード”を再現し、配布する。
本作は仮面ライダーシリーズ45周年を記念して実現した映画。シリーズのスタートになった仮面ライダー1号を主役に据え、主人公・本郷猛役も当時演じた藤岡弘が登板と大きな話題となっている。

入場者プレゼントは「仮面ライダー 魂のトリプルパック!!」として、カードが3種類セットにした。第1弾は新しい仮面ライダー1号とネオサイクロン号だが、仕様はそのままだ。
3月26日に第1弾をスタート、第4弾までを予定している。合計12種類のカードが登場する。
トリプルパックのカードはそれぞれ仕様が異なる。ひとつは「復活!仮面ライダーカード」。。カルビーが全面協力し、東映が製作している。「仮面ライダーカード」は40年以上前に、カルビー「仮面ライダースナック」に封入されたものが社会現象を起こした。今回は、それをカードや文字の大きさ、色味なども再現した。お父さん世代のファンにはたまらない1枚となりそうだ。
2枚目は「御成お手製★オリジナル名刺」、『仮面ライダーゴースト』で登場するお寺・大天空寺の代理住職である御成が、番組内で作成した名刺である。3種類目は、データカードダス「ガンバラインジングカード」。仮面ライダー1号は「ガンバラインジングカード」で初登場となる。

映画『仮面ライダー1号』は2月6日より前売券販売をスタート。すでに快調な出足だ。前年同時期公開の『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』比で、前売券は205%を記録している。特に大人1枚、小人1枚の親子ペア券は前年比240%と好調だ。子どもから大人まで幅広い世代のファンからの期待が高い。

映画『仮面ライダー1号』
3月26日(土)全国公開
(C)2016「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集