柔らかなタッチで描かれる今週注目のBLアニメ映画: 「同級生」

ニュース 映画/ドラマ

今週注目の映画は、中村明日美子の同名漫画作品を原作としたA-1 Pictures制作のアニメ映画「同級生」。ボーイズラブを題材とした本作は、2008年に発売された漫画原作を基にした映画作品だ。
あらすじは、メガネと黒の短髪が特徴的な秀才高校生の佐条利人と、金に染めた髪を持つ人気のバンドマン高校生の草壁光が、合唱祭の練習を切っ掛けに仲を深め合うというもの。

思春期という難しい年頃に加えて、軽そうな外見とは裏腹に純粋な想いを持つ草壁と、少しづつ心を開く佐条との恋愛模様が見所となるだろう。上映時間は1時間と短いものの繊細な線で描かれるキャラクターデザインや、柔らかな雰囲気を放つ彩色にも注目したいところだ。
また、原作では「同級生」のその後を描いた、漫画の「卒業生」(冬・春)と「O.B.」、そしてサブキャラクターを主人公に据えたスピンオフの「空と原」が発売されている。

登場人物のキャストは、“佐条利人”役を野島健児が、“草壁光”役を神谷浩史が、“原学”役を石川英郎が演じる。スタッフは監督に、「輪るピンググラム」でチーフディレクターを担当した中村章子氏が、キャラクターデザインは「フルーツバスケット」の林明美氏が、音楽は押尾コータロー氏が、制作はA-1 Picturesが担当する。なお主題歌は、押尾コータロー氏とGalileo Galileiの尾崎雄貴氏のコラボレーションによるものだ。
「同級生」は新宿バルト9他全国劇場で2月20日に公開予定だ。

《G.Suzuki》

関連ニュース

特集