「珍遊記」で怪演!松山ケンイチが全身で喜怒哀楽を表現

ニュース

「珍遊記」で怪演!松山ケンイチが全身で喜怒哀楽を表現
  • 「珍遊記」で怪演!松山ケンイチが全身で喜怒哀楽を表現
2月27日より上映がスタートする『珍遊記』は、1990年より「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載された漫☆画太郎によるギャグマンガを実写化した作品だ。単行本のシリーズ累計販売部数は約400万部を記録する人気だ。
どんな作品になるのか想像もつかない今回の実写映画だが、その一端が明らかになった。松山ケンイチが演じる主人公・山田太郎の喜怒哀楽を捉えた場面写真が公開された。

山田太郎は元々、天下の暴れん坊である不良少年として名を馳せていた。しかし、通りすがりの坊主・玄奘と壮絶なバトルを繰り広げた結果、妖力は消え去り、3本の髪の毛を持つ子ザルに姿を変えられてしまう。
本作では、玄奘と渋々天竺を目指す途中に立ち寄った街で、山田太郎に1億円の懸賞金が賭けてられていることが判明。懸賞金を狙うさまざまな人物と対峙することになってしまうのだ。

一挙公開された画像では、体を大きく見せて威嚇したり、臭過ぎて思わず鼻をつまんだりと、表情豊かな山田太郎の姿が確認できる。笑顔で敵に攻撃をする姿や、つまみ食いをする場面の表情には松山の魅力が詰まっており、原作を知る人にとっても納得の出来といえるだろう。
原作では、掴み所のないキャラクターとして描かれていた山田太郎。この難役を松山は、表情や細かな仕草はもちろんのこと、全身を目一杯使って、喜怒哀楽を軽やかに表現。結果、好戦的の中に子供らしさも見え、優しさもあわせ持つ姿が軽妙に描かれている。
本作には松山以外にも倉科カナや溝端淳平、温水洋一、ピエール瀧といったキャストが出演する。彼らが松山演じる山田太郎とどう絡んでいくかも大きな見どころだ。

2月18日には、松山が登壇し本作について語る完成披露上映会が開催される。独特の役とどう向き合い、撮影に臨んだかなど、さまざまな話が語られるはずだ。本編はもちろん、トークにも注目したい。
さらに公開初日の2月27日には新宿バルト9、109シネマズ川崎にて舞台挨拶も開催予定。こちらのチケットは現在先行抽選を受け付け中だ。

『珍遊記』
(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
《ユマ》

編集部おすすめのニュース

特集