映画「珍遊記」 変顔やボケで豪華賞品をゲットできるユニークな企画 | アニメ!アニメ!

映画「珍遊記」 変顔やボケで豪華賞品をゲットできるユニークな企画

ニュース

漫☆画太郎のギャグマンガを原作とする映画『珍遊記』は2月27日に全国公開する。映画公開を目指して、WEB上で本作らしいユニークなキャンペーンがスタートした。
キャンペーンはふたつの企画で構成するが、いずれもユーザー投稿によるもので、トイレットペーパー1年分などにアイテムが当たる。まさに『珍遊記』ならではの企画だ。

キャンペーン第1弾は、「原作を超えろ!!!変顔選手権!!!!!」。『珍遊記』のキャラクターたちが時折見せる変顔をテーマにした企画である。
キャンペーンアプリページから、変顔写真を投稿するだけで応募が完了する。賞品として、変顔の額装(1名)、オリジナルトイレットペーパー1年分(1名)、サイン入り原作本(3名)、映画鑑賞券(5名)が用意されている。サイトではすでにアキバ役の今野浩喜と、たけし役のアイアム野田による変顔がアップロードされている。この写真を参考に、是非、自分だけの変顔にチャレンジしたい。なお投稿にはFacebookのアカウントが必要となる。

もうひとつのキャンペーンは、「珍遊記でbokete!」だ。こちらはWEBで人気のサービス「写真で一言ボケて(bokete)」とコラボレーションしたものだ。キャンペーン期間中に毎日出題される『珍遊記』の画像を選んで一言ボケることで参加できる。
賞品はbokete額装(1名)、オリジナルトイレットペーパー1年分(1名)、出演者サイン入りポスター(3名)、映画鑑賞券チケット(5名)の4種類。サイトではすでに様々なボケ投稿が寄せられている。投稿にはboketeへのログインまたは新規登録が必要となる。

『珍遊記』は1990年より「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載されたギャグマンガ『珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~』が原作。山田太郎役への松山ケンイチの起用が、すでに多くのファンに衝撃を与えている。さらに玄奘役の倉科カナなど、豪華なキャスト陣が注目を集めてる。
[高橋克則]

映画『珍遊記』
2月27日全国ロードショー
(c)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 映画「珍遊記」オープニングとエンディングはRIP SLYMEに決定 画像 映画「珍遊記」オープニングとエンディングはRIP SLYMEに決定
  • 映画「珍遊記」にお笑い芸人集結!板尾創路、カラテカ・矢部太郎らが出演 画像 映画「珍遊記」にお笑い芸人集結!板尾創路、カラテカ・矢部太郎らが出演

特集