映画「僕だけがいない街」 藤原竜也の絶叫シーンだけのメイキング映像公開

ニュース

映画「僕だけがいない街」 藤原竜也の絶叫シーンだけのメイキング映像公開
  • 映画「僕だけがいない街」 藤原竜也の絶叫シーンだけのメイキング映像公開
マンガ誌「ヤングエース」(KADOKAWA)にて連載中の話題のマンガを原作とする映画『僕だけがいない街』が3月19日に全国公開となる。本作では藤原竜也が29歳の売れない漫画家の主人公・藤沼悟を演じている。
本作は、息をつかせない展開、あっと驚くサプライズの連続が予想されるサスペンスで満載だ。かねてから壮絶な運命に挑む青年を演じることに定評のある藤原が主演とあって、期待を高めている。

そうしたなかで、今回、藤原演じる藤沼悟の絶叫シーンのメイキング映像が公開された。藤原の叫びは見応えもたっぷりだ。
物語の冒頭、ピザ屋のアルバイトをする悟は、交差点に暴走するトラックから小学生を助けるが、その代償として自分がはねられてしまう。映像では、事故に遭い病院へ搬送された悟を気遣い駆け付けた石田ゆり子演じる母親・佐知子が、悟の自宅で何者かに殺されてしまうというシーンが登場。
何者かに刺し殺された母親を抱きかかえ、「起きてくれよ…母さん!!」という、藤原の絶叫。前評判通り、迫真の演技となっている。

平川雄一朗監督とも念入りに話し合いを重ねて完成度を高めたという絶叫シーンの数々。藤原の母親を演じた石田もその演技力を絶賛しており、「泣きそうになっちゃった。」とコメント。
過去にも悲痛な叫びを見せるシーンは何度も演じてきた藤原だが、今回は愛する人を守リたい気持ちからの絶叫だ。今までと違う藤原の叫びは、本作の魅力のひとつと言えるだろう。
もちろん本作における藤原の魅力は他にもある。普段は寡黙な青年が、時間が巻き戻る不思議な現象を使って未来を変えようと奔走する姿は、視聴者の目に焼き付くはずだ。
また、現在と過去を行き来するダイナミックな展開は、ただのミステリーにとどまらないエンターテイメントとして、大きな反響を呼ぶだろう。

現在はフジテレビのノイタミナ枠でテレビアニメが放送中。こちらも息をつかせない怒涛の展開でファンを楽しませている。
そして原作マンガは、3月4日発売の「ヤングエース」にて最終回を迎える。映画とアニメ、そしてマンガと、3月は『僕だけがいない街』が話題の中心になりそうだ。


『僕だけがいない街』
3月19日(土) 全国ロードショー
(C)2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会
《ユマ》

編集部おすすめのニュース

特集