「機動戦士ガンダム サンダーボルト」第2話配信開始、第3話スケジュール決定

ニュース

宇宙世紀の一年戦争の歴史の中で、旧サイド4のあったサンダーボルト宙域で繰り広げられた戦いをリアルかつアダルトな雰囲気で描いた大ヒットマンガ、それが太田垣康男による『機動戦士ガンダム サンダーボルト』だ。
これがアニメ化され、早くも話題を呼んでいる。作品は4部作で、2015年11月にまず第1話約18分がウェブ配信され話題となった。さらに2月12日より第2話も各映像配信プラットフォームで、配信をスタートした。いよいよ物語は地球連邦・ムーア同胞団のイオとジオン軍リビング・デッド師団のダリルとの宿命の対決の様相を帯びてくる。

第2話で注目したいのが、リビング・デッド師団がイオのフルアーマー・ガンダムの脅威に対し投入するリユース・P・デバイス研究である。リユース・P・デバイスを搭載したサイコ・ザクのパイロットに選ばれたダリルは足だけでなく、手を失うことも意味していた。ウェブ配信作品ならではのハードなストーリーが、視聴者の心に突き刺さるに違いない。
アニメーション制作は第1話に続き、サンライズ第1スタジオ。精密なメカに映像、気の利いた音楽、1秒たりとも見逃せない約18分に仕上がった。
価格はストリーミング型のレンタル版が400円(税別)、さらにいつでも手元で見れるセル版は特典映像がついて800円(税別)。自分の好みに合わせて選択できる。配信はセル版はPlayStation Video、Amazonビデオ、 TSUTAYA TV、ひかり TV、bonobo、楽天ショウタイムのみ。レンタル版は上記サービスを含めて各配信サービスで楽しめる。

またPlayStation Videoは第2話配信に合わせて、セル版第1話、第2話の共同購入キャンペーンを実施中だ。セル版「第1話」(税込540円)とセル版「第2話」(税込864円)の両方を購入すると、200円分のPS Storeチケットをキャッシュバックする。
対象は2015年12月25日以降からの購入となっておる。また終了は3月13日。第3話の購入にあてるのもよさそうだ。

その第3話の配信日程も、このほど発表された。3月4日のガンダムファンクラブの先行配信を経て。3月18日から各サイトで有料配信をスタートする。
物語はイオとクローディアらのムーア同胞団、ダリルとカーラらのリビング・デッド師団の様々なドラマを抱え、連邦軍のサンダーボルト宙域奪還の総攻撃が開始される。戦いはいよいよ佳境に向かう。

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』 公式サイト
http://gundam-tb.net/
PlayStation.Blog:『機動戦士ガンダム サンダーボルト』第2話配信開始
https://www.jp.playstation.com/blog/detail/2330/20160212-gundam-tb2.html
『機動戦士ガンダム サンダーボルト』 (C)創通・サンライズ
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集