駄菓子を交えてトーク進行!ワンフェス2016冬「だがしかし」ステージレポ

イベント・レポート アニメ

2月7日に幕張メッセでワンダーフェスティバル2016[冬]が開催された。国内最大のガレージキット・ホビーイベントは終日大賑わいとなった。
なかでもグッドスマイルカンパニーブースでは、いくつものステージイベントが実施され、来場者から人気を集めていた。このなかのうちテレビアニメ『だがしかし』ステージの模様をお届けする。

このステージイベントは『だがしかし』初のイベントとなるもの。まずは枝垂ほたる役の竹達彩奈と鹿田ココノツ役の阿部敦の2人が大きな拍手に迎えられて登壇。自己紹介では竹達は “焼肉さん太郎”が好きなことを、阿部は500円玉ラムネである“おとくラムネ”が好きと駄菓子トークとなった。
早速、壇上には、数々の駄菓子振る舞われた。竹達はここからブタメンを選びだし、これにお湯を投入してのステージをスタートした。その後、ブタメンはトークの途中で竹達と阿部が食べることに。本編にも登場するイタリア語でおいしいを意味すつ“オッティモ”の掛け語を披露した。さらに駄菓子の“生いきビール”をコップに注ぎ、ビールひげが付くほどの飲みっぷりを見せた。

“心に残ったエピソード”では、フエラムネの回で実際に駄菓子のフエラムネを使い音声を収録したものの、音が切ないものであったことから実際は差し替えられたとの秘話も。また、収録時にスタッフが劇中に登場する駄菓子を仕入れてくるようで、さくら棒やふ菓子などが並んでいたという。

「だがしかし」のフィギュア紹介も設けられた。新たに登場してきたのは、アニメ次回予告に登場していた“ねんどろいど”と、アニメ描きおろしイラストからの枝垂ほたるフィギュアの原型。ねんどろいどは、腕を組んだ姿で登場していることに加えて、フィギュアはサスペンダーが見えなくなるほど胸が“大きい”ものであるようだ。
そして作品情報も。放送中のテレビアニメのBlu-ray/DVD第1巻が3月14日に発売予定であると告知された。最後は、竹達さんの「駄菓子を食べて、ぽっちゃりになろう」とメッセージを残してステージが締めくくられた。
《G.Suzuki》

関連ニュース

特集