「コードギアス 亡国のアキト」最終章の舞台挨拶にキャスト、スタッフ集結 人間らしさが溢れる作品に

イベント・レポート

2月6日、新宿・バルト9にて、同日より公開がスタートした『コードギアス 亡国のアキト 最終章 愛シキモノタチヘ』の舞台挨拶が開催された。
本作は、TVシリーズ『コードギアス 反逆のルルーシュ』と続編の『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の同じ時期に、別の場所で起きた出来事を描くシリーズ。2012年に公開された第1章「翼竜は舞い降りた」に始まり、約4年の歳月をかけて展開した人気作だ。

今回の舞台挨拶には、主人公・日向アキトを演じた入野自由さんのほか、シン・ヒュウガ・シャイング役の松風雅也さん、アシュレイ・アシュラ役の寺島拓篤さん、さらに赤根和樹監督と、河口佳高プロデューサーが登壇した。

主演の入野さんは最終章を見ての感想を聞かれると、特にアクションシーンを絶賛。新型のメカも登場し、集大成といえる内容に仕上がっているという。また、メカ同士の戦いであっても、まるで生身の体がぶつかり合うような激しさも感じたと話す。
第1章と最終章を見比べたとき、アキトの表情や行動、言葉の数々に変化が見られるのも見どころのひとつだ。入野さんもその変化に対して「最終章では人間味に溢れるキャラクターになっていた」と述べていた。
赤根監督もこの変化は狙っていたそうで、クールで狂気じみた男から、本来の姿に戻っていく様子を描いたと語る。そんなアキトを「かわいらしい」という言葉で表現すると、会場は笑いで包まれた。

松風さんは「手前味噌になりますが」と前置きしたうえで「一秒も無駄のない、素晴らしい作品」とコメントした。松風さんは時折客席のファンとコミュニケーションを取り、笑いを生む場面もあったが、そんな中でもスタッフへの賞賛を忘れなかった。
そして寺島さんは新しいメカの登場が見どころと語る。『コードギアス』といえば、ギアスという異能の力が物語の中心に存在しているが、そこに高性能のメカが加わったことで、より深みのある作品になったといいうのだ。さらにアキトとレイラのロマンスもあり、「人間らしさが感じられる作品になりました」と振り返っていた。
そんな寺島さんが演じたアシュレイについて、赤根監督は特にお気に入りだと語る。その理由は「バカだから」と答えると、会場からは再び笑い声があふれだす。極限状態でも決して変わらないアシュレイの性格は、スタッフの中でもやはり異質な存在だったようだ。

そして川口プロデューサーはエンディングをどうするべきか、常に赤根監督と話し合っていたことを明かした。結果的に、自身も納得できるハッピーエンドを迎えられたと語っていた。
最後に川口プロデューサーは「時間がかかりましたが、無事に結末へたどり着けました。これまで応援してくれて、ありがとうございました」と会場のファンへ向けて感謝の気持ちを伝えた。
さらに入野さんも「最後までついてきてくれたみなさん、本当にありがとうございました」と言うと、深く頭を下げ、ファンからは惜しみない拍手が贈られた。

『コードギアス 亡国のアキト』最終章「愛シキモノタチヘ」
2016年2月6日(土)より全国ロードショー
《ユマ》

編集部おすすめの記事

特集