”トライ・エヴリシング” 「ズートピア」主題歌公開、「アナ雪」“Let it Go”に続くディズニーメロディー

ニュース

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.
  • (C)2016 Disney. All Rights Reserved.
ディズニー・アニメーション最新作『ズートピア』が、2016年4月23日に全国公開を迎える。動物たちが人間のように暮らす楽園・ズートピアを舞台としたファンタジー映画だ。
このたび、本作の主題歌「トライ・エヴリシング」のPVが公開された。ディズニーらしい親しみやすいメロディが特徴になっている。

公開された映像では、主人公ジュディが生まれ育った小さな町を離れ、ズートピアへ人生の新たな一歩を踏み出す様子が描かれている。そんな彼女が自分自身を励ますようにイヤホンで聴いているのが主題歌「トライ・エヴリシング」だ。
主題歌は、タイトルどおり前向きなメッセージで満ちた曲となっている。“あきらめないわ 負けちゃダメ 何度でも頑張るの”という歌詞は、警察官という大きな夢を叶えるためズートピアへ旅立ったジュディの心情と見ごとにマッチしている。


劇中でこの楽曲を歌うのはズートピアの美しきポップスターのガゼルという設定。そしてガゼル役を担当し、主題歌を歌うのは、コロンビア出身のポップシンガー・シャキーラ―である。2010年のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会のテーマソング「ワカ・ワカ」などで世界中から人気を集める歌姫だ。
パワフルな歌声が「トライ・エヴリシング」を壮大な曲に仕上げている。ジュディの物語をドラマチックに引き立ててくれそうだ。

ディズニー映画の主題歌といえば、『アナと雪の女王』の「Let It Go」が世界中を席巻し、日本でも大ブームとなったことが記憶に新しい。ヒロイン・エルサのうちに秘めた思いを解き放ち、自由に生きることを誓った歌詞に多くの観客が共感し、ヒットへとつながった。
『ズートピア』の主題歌「トライ・エヴリシング」もジュディの前向きなメッセージが込められており、再び日本で旋風を起こすのか注目される。

『ズートピア』の製作総指揮は『トイ・ストーリー』などで有名なジョン・ラセター。監督は『塔の上のラプンツェル』のバイロン・ハワードと、『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーアが共同で務める。

『ズートピア』
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.
2016年4月23日(土)全国ロードショー
《沖本茂義》

編集部おすすめのニュース

特集