「バットマン VS スーパーマン」2大ヒーローが“素顔”で対面 激突の経緯が明らかに

ニュース

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が2016年3月25日に全国公開される。誰もが知るDCコミックの2大アメコミヒーローが共演する話題作だ。
このたび、最新の予告編が公開された。すでに2大ヒーローの対決が話題の本作だが、映像ではバットマンとスーパーマンが素顔で対面する。“世紀の対決”へとつながる序章、対立の理由も明らかとなる。

『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』は、スーパーマンとバットマンという2大アメコミ・ヒーローが夢の対決を繰り広げる『ダークナイト』3部作のクリストファー・ノーランが製作総指揮を務め、監督は『ウォッチメン』のザック・スナイダーが手がける。キャストは、スーパーマン役をヘンリー・カヴィル、バットマン役をベン・アフレックが演じる
映像では、バットマンこと大富豪ブルース・ウェインと、スーパーマンこと生真面目な新聞記者クラーク・ケントが、パーティー会場で“素顔”のまま出くわすシーンからはじまる。「バットマンについてご意見を」というクラークからの問いかけに対し、不敵な笑みで応えるブルース。そこに突如「世紀の対面だ」と嬉しそうに割り込んでくる謎の男、レックス・ルーサー。2人の招待を知っているかように振る舞うこの男の招待は?

周囲に危害が及ばないよう自身がヒーローであることを秘密にしながら、孤独に戦い続けてきたバットマンとスーパーマン。映像の後半には、そんなふたりのバトルシーンが展開される。
「人間の強さを思い知れ」と挑みかかるバットマンと、「あきらめろ! 私に勝てるはずがない」と一歩も引かないスーパーマン。さらにラストには謎の生命体が登場している。物語にどのように関わるのか気になるところだ。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は、3月25日(金)より全国公開。なぜ正義の象徴であるスーパーマンは悪に染まってしまったのか、人類の希望を背負ったバットマンは止められるのか。ぜひ劇場で確認したい。


『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』
3月25日(金)日米同時公開決定!!
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
《沖本茂義》

編集部おすすめの記事

特集