Kalafina、全国ツアー閉幕 日本武道館公演、上海コンサート開催などサプライズも発表

ニュース

 
  •  
  •  
  •  
  •  
『Fate/stay night』や『アルスラーン戦記』『アルドノア・ゼロ』など数々のテレビアニメ主題歌を担当する3人組女性ヴォーカルユニット・Kalafinaが、1月30日(土)・31日(日)東京国際フォーラム ホールAにて公演を行った。
本公演は、国内5都市10公演、海外2都市4公演(香港・台湾)合わせ約3万5千人を動員する全国ツアー「Kalafina LIVE TOUR 2015~2016 “far on the water”」のファイナルとして開催されたもの。ライブでは、2015年9月に発売された最新アルバム「far on the water」の楽曲を中心に24曲が披露され、ツアーファイナルにふさわしい熱気に包まれた。

また、最終日の1月31日には、会場のファンに向けてさまざまなサプライズ発表があった。まず、Kalafina初のアリーナライブとなる神戸・ワールド記念ホール(10,000人キャパ)での2days公演が9月10日・11日に開催。さらに2015年以来2度目となる日本武道館公演が、9月16日・17日に実施される。

そして中国の上海文化廣場にて行われるコンサートに出演することも明かされた。この企画は中国が主催する大型音楽イベント「上海之春国際音楽祭」の一環として開催されるものだ。コンサートの会場は約2,000人を収容するということで、Kalafinaにとって海外史上最大級のスケールとなる。
「上海之春国際音楽祭」は、1960年代に開始された国際音楽舞踊月間を前身とする国の音楽祭の中でもっとも歴史が古く、かつ最大規模の音楽イベントだ。日本からは過去に東儀秀樹氏などが参加しているが、今回のようなアニメソングなどを歌唱するアーティストが参加するのは初めてのこと。どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、今後さらなる注目が集まりそうだ。
《ユマ》

編集部おすすめのニュース

特集