BB-8緊急来日で神社でお祓い「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」大ヒット御礼奉告祭

ニュース

(c)2016 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
  • (c)2016 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
  • (c)2016 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
1月28日、東京・神楽坂の赤城神社にて『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の奉告祭が行われた。本作の吹替キャストより、レイ役の永宝千晶とハン・ソロ役の磯部勉が登壇。人気急上昇中の新ドロイドBB-8も登場し、大ヒットの御礼とさらなる成功を祈願した。
磯部勉は長年、日本語版のハン・ソロ役でお馴染み。それに永宝千晶が加わり、映画と同様、ここでも新旧の役者が並んだ。

まず神職が祝詞を上げ、2人と1体はお祓いを受けた。とくにBB-8は御祈祷が初めてのため、頭をキョロキョロと動かすなど戸惑い気味の様子。だが巫女から神様へ舞を奉納する神楽奉奏が行われると、BB-8はクルクルと回転してリズムに乗って自分も踊っているかのような嬉しそうな姿を見せた。
最後は玉串に願いを込めて奉納する玉串奉奠で永宝が玉串を捧げると、横にいるBB-8も一緒にお辞儀をするコミカルな一幕も飛び出した。BB-8もすっかり御祈祷に慣れたようだ。

御祈祷の終了後には永宝と磯部の挨拶があり、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でメイン・キャストの声優を務めた喜びを語った。
永宝は本作が声優初挑戦ということもあって「声優に決まった時はびっくりしすぎて信じられませんでした。喜びより不安が大きかったですね。ただ一生懸命やって楽しみました」と心境を明かした。そして「本作は家族愛が普遍的に何世代も新鮮に見られるのがとても魅力的です。まさかこんな日が来るとは思ってもいなかったので嬉しいです」と想いを伝えた。
磯部は28年ぶりにハン・ソロ役を務めたことを振り返り「ハン・ソロは自分自身が一生掛かっても出ない魅力なので、吹替えでそのイメージを崩さないようにしていました」とコメント。「本作の魅力は何と言っても人間らしさが出ている人間関係です。永遠と続くのでしょうね、このままの勢いが途絶えないでほしいです」と長年愛されている「スター・ウォーズ」シリーズの魅力を語った。最後は全員でさらなるヒットを願い、イベントは幕を閉じた。
[高橋克則]

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
(c)2016 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
《高橋克則》

編集部おすすめのニュース

特集