舞台「残響のテロル」キャラクタービジュアル公開 話題のオリジナルアニメがステージへ

ニュース

松村龍之介、石渡真修、桃瀬美咲ら若手俳優陣を迎え、2014年フジテレビ「ノイタミナ」枠にて放送されたアニメ「残響のテロル」を舞台化する「PREMIUM 3D STAGE『残響のテロル』」。3月に上演を控え、メインキャストのキャラクタービジュアル第1弾が公開された。

原作は、アニメ「カウボーイビバップ」を手掛けた渡辺信一郎と菅野よう子がタッグを組み、2014年に放送された完全オリジナルアニメーション「残響のテロル」。今回の舞台化にあたり、若手人気俳優が集結。ナイン役に、舞台「戦国BASARA」真田幸村役や舞台「弱虫ペダル」石垣光太郎役で知られる松村さん。ツエルブ役を「テニスの王子様」7代目青学桃城武役や、「薄桜鬼SSL ~sweet school life~」 藤堂平助役を務める石渡さんが配役された。

今回公開されたキャラクタービジュアルでは、松村さん演じるナインと、石渡さん演じるツエルブの2キャラが公開! 頭脳明晰で常に冷静。ツエルブとともに東京で高校生として生活を始めるが、その真の目的は謎に包まれているナインの、眼鏡で長身な姿や、ナインを兄のように慕い、子どものような純粋さを持つツエルブの可愛らしい表情など、原作の再現度が高いビジュアルに仕上がっている。

今後、舞台「攻殻機動隊ARISE」エマ役の桃瀬さん演じる三島リサや、「ミュージカル・テニスの王子様」手塚国光役でおなじみの滝川英治演じる柴崎、アニメで同じくハイヴ役の声優を務め、「俺物語!!」ヒロイン・大和凛子役で注目を集めた潘めぐみ演じるハイヴ、「攻殻機動隊ARISE」パズ役の井深克彦が演じる羽村、「弱虫ペダル」金城真護役で人気の郷本直也が演じる倉橋、アニメで同じく六笠役の声優を務めるかぬか光明が演じる六笠、お笑い芸人のチャド・マレーンが演じるクラレンスなど、第2弾のキャラクタービジュアルの発表に期待したい。

舞台「PREMIUM 3D STAGE『残響のテロル』」は3月2日(水)~6日(日)、Zeppブルーシアター六本木にて公演。

舞台「残響のテロル」キャラクタービジュアル第1弾公開!

《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集