「シュヴァルツェスマーケン」OPのfripSide ドイツをイメージしたMV公開 | アニメ!アニメ!

「シュヴァルツェスマーケン」OPのfripSide ドイツをイメージしたMV公開

ニュース

2016年1月より放送がスタートしたテレビアニメ『シュヴァルツェスマーケン』。オープニングテーマはfripSideが担当する「white forces」だ。そのCDジャケット、およびミュージックビデオがこのほど公開された。
fripSideは、八木沼悟志さんによって2002年に結成、2009年には南條愛乃さんがボーカルとして加入したユニットだ。これまでには『とある科学の超電磁砲』の主題歌「only my railgun」などを担当。2013年5月にリリースした「sister‘s noise」はオリコンシングル週間ランキングで初登場1位を獲得するなど人気を博している。

そんなfripSideが歌う「white forces」は、11枚目のシングルとして、2月10日に発売される。ジャケット写真では、『シュヴァルツェスマーケン』の舞台であるドイツを髣髴とさせる洋館の中で、クラシックな衣装を身にまとった2人の姿が描かれている。
ミュージックビデオも同様に、洋館で撮影が行われており、角の生えたモンスターなど、楽曲と合わせて見どころの多い仕上がりだ。

また、こちらの映像はストーリー仕立てになっており、続きの展開も気になるところ。今回はショートバージョンであり、フルバージョンはCDの初回限定盤に収録される予定。
そのほか初回限定盤には、ミュージックビデオのメイキング映像なども収録予定となっている。
そしてfripSideのミュージックビデオといえば、毎回登場するゲスト出演者も見逃せない。今回も当然ゲストは参加しているそうで、その全貌もフルバージョンを見れば分かるという。

6月18日(土)に開催予定の「シュヴァルツェスマーケン スペシャルトーク&ライブイベント」にもfripSideは参加する。
本イベントでは、テレビアニメのキャストによるスペシャルトークショーに加え、オープニングテーマ、エンディングテーマの数々も披露される予定。3月25日に発売予定のBlu-ray第1巻初回限定版には、イベントの優先申込券が封入されるので、fripSideファンの人はこちらも要注目だ。



『シュヴァルツェスマーケン』
(C)吉宗鋼紀・ixtl / テレビ東京 / オルタネイティヴ第二計画
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 壮大な音楽を生み出す作曲家Evan Callがヴェールを脱ぐー『シュヴァルツェスマーケン』インタビュー 画像 壮大な音楽を生み出す作曲家Evan Callがヴェールを脱ぐー『シュヴァルツェスマーケン』インタビュー
  • TVアニメ「シュヴァルツェスマーケン」OPテーマはfripsideが担当 放送はテレビ東京ほか 画像 TVアニメ「シュヴァルツェスマーケン」OPテーマはfripsideが担当 放送はテレビ東京ほか

特集