「亜人」と「バイオハザード」 アニメとゲームの大型作品が死なないコラボ

ニュース

テレビシリーズが好評放送中の『亜人』と、カプコンを代表する人気タイトル『バイオハザード』のコラボが決定した。死なない新人類である“亜人”と、ウィルス感染によって生ける屍と化す“ゾンビ”という取り合わせは、どちらも“死を超越した存在”という点で共通している。
コラボでは、1月21日に発売された『バイオハザード0 HDリマスター』で使用可能な無料DLCを配信する。主人公のレベッカに着せることができるアイテムで、フロントに『亜人』のキーアート、バックにはロゴをあしらった特徴的なデザインとなっている。
『バイオハザード』シリーズを語る上で欠かせない“t-ウィルス”にちなんで、“コラボt-シャツ”と名付けられたこのアイテムは、2月19日から配信を開始する。

『亜人』は桜井画門による漫画を原作とし、コミックスの累計発行部数は400万部を突破する人気を見せる。決して死なないとされる新人類・亜人を巡り、主人公の永井 圭を中心に日本政府関係者やその他の亜人たちの思惑が絡み合う。
2015年11月には劇場アニメ3部作の第1部『亜人 -衝動-』が好調なスタートを切り、この1月からはMBSほかの“アニメイズム枠”でテレビシリーズが放送中だ。

一方の『バイオハザード0 HDリマスター』は、シリーズ原点である『バイオハザード』の前日譚を描く。2002年にニンテンドーゲームキューブ用ソフトとして発売された本作を、より鮮明なグラフィックで楽しめるようHD化した。シリーズでも多くのファンを持つ人気キャラクター・ウェスカーを操作できる「ウェスカーモード」を始め、さまざまな追加要素を盛り込んでいるとのこと。

『亜人』
(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会

『バイオハザード0 HDリマスター』
『バイオハザード オリジンズコレクション』
(C)CAPCOM CO., LTD. 2002, 2016 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)CAPCOM CO., LTD. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.
《キャプテン住谷》

編集部おすすめの記事

特集