「アニメ×落語×声優」がテーマ 「昭和元禄落語心中」イベント開催決定  | アニメ!アニメ!

「アニメ×落語×声優」がテーマ 「昭和元禄落語心中」イベント開催決定 

ニュース

この1月から放送を開始しているテレビアニメ『昭和元禄落語心中』のイベントが決定した。タイトルは「声優落語天狗連 supported by 昭和元禄落語心中」。1月23日に江戸総鎮守 神田明神の明神会館B1で開催される。
『昭和元禄落語心中』は、雲田はるこによる同名マンガが原作となっている。講談社が発売する季刊のアンソロジーコミック『ITAN(イタン)』に連載中で、その繊細な人間描写が好評だ。昭和の落語界を舞台に、そこで活躍する噺家たちの素顔へスポットライトを当てた。

MBSを始めとする“アニメイズム”枠で放送を開始した本作だが、関智一(与太郎役)、石田彰(有楽亭八雲役)、小林ゆう(小夏役)、山寺宏一(助六役)、牛山茂(松田役)、林原めぐみ(みよ吉役)と豪華な声優陣も話題を呼んでいる。
その影響もあってか、「実際に落語を観てみたい、寄席に行ってみたい」という声も多く上がっているそうだ。本ベントは、そんな視聴者の要望にいち早く応えたものとなるだろう。

イベントは「アニメ×落語×声優」という異色のテーマを掲げる。キャスト陣からは小夏役の小林ゆうが参加。アニメイベントMCとしてお馴染みとなったニッポン放送アナウンサーの吉田尚記と、アニメ好きで学者で芸人という多才な顔を持つサンキュータツオが、ダブルMCとしてステージを主導する。吉田尚記とサンキュータツオは学生時代、ともに落語研究会に所属していた経歴の持ち主。まさに、本イベントにうってつけの人選と言える。
落語家の入船亭扇辰による一席もあるとのことで、他に類を見ない濃厚なイベントになりそうだ。チケットはイープラスで抽選申し込みを受付中。期限は1月17日の23時59分までで、価格は税込み3,500円となっている。

「声優落語天狗連 supported by 昭和元禄落語心中」
開催日: 2016年1月23日(土)
開演: 17時30分/開演:18時00分(20時00分終了予定)
会場: 江戸総鎮守 神田明神 明神会館B1(東京都千代田区外神田2-16-2)
チケット価格: 3500円(税込)

『昭和元禄落語心中』
(C)雲田はるこ・講談社/落語心中協会
《キャプテン住谷》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「昭和元禄落語心中」視聴者が選ぶ名場面投票 人気シーンを待ち受け画像に 画像 「昭和元禄落語心中」視聴者が選ぶ名場面投票 人気シーンを待ち受け画像に
  • 「昭和元禄落語心中」の扇子と手ぬぐい “八雲師匠”と“助六”がモチーフ 画像 「昭和元禄落語心中」の扇子と手ぬぐい “八雲師匠”と“助六”がモチーフ

特集