「シンドバッド 魔法のランプと動く島」が親子試写会開催 アフレコ体験で大盛り上がり | アニメ!アニメ!

「シンドバッド 魔法のランプと動く島」が親子試写会開催 アフレコ体験で大盛り上がり

イベント・レポート

映画『シンドバッド 魔法のランプと動く島』が、2016年1月16日に全国公開となる。アラビアンナイトの名作を原作に、3部作とした劇場映画の第2部にあたる。
キッズとファミリーが安心して観られる映画として、1月12日には東京・港区の汐留 FSで親子に向けた先行試写会が開催された。また当日は映画上映に加えて、アニメの作り方解説やアフレコ体験も実施され大人気となった。

来場者は1歳2ヶ月から高校生まで幅広い年齢の子どもたちとその親である。また本作は日本アニメーションの制作ということもあり、ロビーでは、まずラスカルやパトラッシュまで、同社が創りだしてきたキャラクターが出迎えた。

イベントがスタートすると、本作のシンドバット役の村中知、白組のプロデューサー亀山 暢央、日本アニメーションのプロデュサー浅野恵代のゲストの3人が登壇。まずアニメーションの作り方を来場した親子たちに説明した。
台本や絵コンテ、作画、編集、アフレコ、ダビングといった制作の流れを解説、さらにアフレコでは子供たちが参加するコーナーも設けられた。アフレコ体験には4人の子どもが選ばれた。そのうまさに村中知やスタッフ陣も驚く場面もあり、会場も大きく盛り上がった。
最後には登壇者から開場の親子たちへ、親子で楽しんでほしいとメッセージを語った。大盛況のなかでイベントは幕を閉じた。

『シンドバッド』は日本アニメーション40周年記念作品と位置づけられている。制作にあたっては、日本アニメーションと『STAND BY ME ドラえもん』などで知られる白組がタッグを組んだ。
第1弾『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』は2015年7月6日に公開された。これに続く第2弾にあたる。さらなる冒険に乗り出したシンドバッドの活躍が見どころだ。

『シンドバッド 魔法のランプと動く島』
1月16日(土)より全国ロードショー
(C)プロジェクト シンドバッド
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「シンドバッド 魔法のランプと動く島」2016年1月16日公開 子どもは2回目以降が無料 画像 「シンドバッド 魔法のランプと動く島」2016年1月16日公開 子どもは2回目以降が無料
  • 「シンドバッド 魔法のランプと動く島」2016年1月16日公開決定 シリーズ第2弾で新たな冒険 画像 「シンドバッド 魔法のランプと動く島」2016年1月16日公開決定 シリーズ第2弾で新たな冒険

特集