「ガラスの花と壊す世界」来場者特典第2弾公開 1月9日公開の劇場オリジナルアニメ

ニュース アニメ

2016年1月9日(土)より劇場オリジナルアニメ『ガラスの花と壊す世界』が全国劇場で公開される。2013年「アニメ化大賞 powered by ポニーキャニオン」受賞作を映像化する話題作だ。

その来場者特典第二弾が発表された。キャラクター原案のカントク描き下ろしの「デュアル Prototype ミニ色紙」である。デュアルは劇中に登場するキャラクターで、種田梨沙が演じる擬人化されたアンチウイルスプログラムだ。劇場公開2週目にあたる1月16日から配布を予定する。
一方、公開一週目にあたる1月9日からの第1弾特典もすでに発表されている。カントク描き下ろしの「リモ Prototype ミニ色紙」である。こちらは花守ゆみりが演じる「リモ」が描かれている。リモは何の記憶も持たずに現れた謎の少女である。作品の軸となるキャラクターだ。

『ガラスの花と壊す世界』は2013年「アニメ化大賞 powered by ポニーキャニオン」にて大賞を受賞した『D.backup(ディー・ドット・バックアップ)』を原案とした新作オリジナルアニメーションだ。
脚本にテレビアニメ『AIR』や『CLANNAD』等を担当した志茂文彦、キャラクター原案に『変態王子と笑わない猫。』のキャラクターデザイン等を担当したカントクを起用する。監督は『進撃の巨人』、『PSYCHO-PASS サイコパス 2』のオープニング演出でその実力を一躍国内外に知らしめた石浜真史監督が担当。この3人の強力タッグによって生み出される映像に期待が寄せられている。



『ガラスの花と壊す世界』
1月9日(土)全国公開
(C)Project D.backup
《高松拳人》

関連ニュース

特集