「傷物語〈I鉄血篇〉」 今週注目の映画:発表から約6年超えての公開

ニュース

新年1月第2週の注目の映画は、西尾維新のライトノベル『傷物語』を原作としたシャフト制作のアニメ映画『傷物語〈I鉄血篇〉』だ。
本作は西尾維新アニメプロジェクト第3弾となるもので、もともとは2010年にアニメ化が告知された作品。当初は、2011年に映画化が発表されると共に、2012年に公開を予定していたが、同年における公開が難しいとのことで延期が重なり、3年後の2015年10月に公開日がついに発表された。
シリーズの時系列的に『化物語』の前日譚となる『傷物語』は、第1弾『鉄血篇』の他にも、第2弾『II 熱血編』、第3弾『III 冷血編』の全3部作で映像化予定だ。

制作発表から約6年の歳月を経ての公開となる第1弾の『鉄血篇』は、主人公である高校2年生の阿良々木暦(CV:神谷浩史)が、伝説の吸血鬼“怪異の王”ことキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード(CV:坂本真綾)と出会うことで吸血鬼にされてしまうというもの。登場人物のキャストは前述の2名の他に、羽川翼(CV:堀江由衣)と忍野メメ(CV:櫻井孝宏)も発表されている。

なお、物語シリーズは現在までに「化物語」と「偽物語」、「猫物語(黒)」、「猫物語(白)」、「傾物語」、「花物語」、「囮物語」、「鬼物語」、「恋物語」、「憑物語」、「終物語」の11作品が映像化された。また「暦物語」は、短編アニメーションとして1月9日よりiOS/Android端末向けに配信される予定だ。
いよいよ公開を迎えるため、長い間待っていたシリーズファンは注目の作品でもあるだろう。『傷物語〈I鉄血篇〉』は1月8日に全国劇場で公開予定だ。

《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集