2015年アニメの“いい女十選”「Charlotte」や「監獄学園」から アニメ女子座談会が厳選

特集

多くのアニメが登場した2015年。イケメンをピックアップしたが、そのそばには必ず可愛い、かっこいい、様々な女性キャラクターがいた。魅力的な女性キャラクターも多い年となった。
アニメ!アニメ!では、2015年末に実施したアニメ女子座談会の会話から、女性キャラクターについても声が上がった。女同士で話し合ったからこそ、可愛いだけでなく「いい女」を厳選し、10人をピックアップ。その内容を紹介する。

[2015年いい女十選]

友利奈緒  『Charlotte』
遠坂凛  『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』
アレックス・ベネデット  『GANGSTA.』
中村麻子  『うしおととら』
佐倉慈  『がっこうぐらし!』
一ノ瀬はじめ  『ガッチャマンクラウズインサイト』 
白木芽衣子  『監獄学園』
松嶋みちる  『グリザイアの果実』
マリア  『純潔のマリア』
アイラ  『プラスティック・メモリーズ』

友利奈緒は人気アニメ『Charlotte』のメインヒロイン。最初はミステリアス、そして暴力的にも見える謎めいたキャラクターだった。しかし、本心が徐々に見えてくるに連れて、そのの雰囲気も変わりだす。
その意思の動向は最後まで気になりつつ、最終回の笑顔に惹かれたファンは多かったに違いない。

『うしおととら』からは中村麻子。もう一人のヒロイン・井上真由子とも対照的な部分があり、それぞれの良いところが見えるバランスの良いヒロインだ。主人公の潮を心配しながらも、気にしないふりをしたりと、ツンデレ感も満載。王道な少年マンガのヒロインなところがまた良い。

話題となった『がっこうぐらし!』からは佐倉慈。登場人物の中で唯一の年上キャラクターで先生である。作品としても衝撃的な内容だったが、彼女の物語も壮絶なものとなった。
第2期である『ガッチャマンクラウズインサイト』からは主人公の一ノ瀬はじめである。本作からもう一人の主人公・三栖立つばさが登場したが、同じようで、対照的に描かれた。第1作に続き、自分を犠牲にするような形で幕を閉じたのも印象的である。

『監獄学園』からは裏生徒会副会長の白木芽衣子が選ばれた。「一見ただただ怖くて厳しそうだけど、よく見ていると生徒会長に超忠実」「スタイルが良くてとにかく美人、汗っかきなところも惹かれる」と女性からも賛同を得た。
『プラスティック・メモリーズ』からはヒロインのアイラ。寿命が決まっているロボットのヒロインという設定が胸に刺さる。「普段はクールなのに表情がコロコロと変わったりするところが可愛い」「精巧なアンドロイドなのにドジっ子でポンコツかわいい」ととにかく可愛いという意見が出た。悲劇的な設定だからこそそのギャップが見えてくる。

多くの作品が放送、上映されたが、2016年もますます増えるだろう。魅力的な女性キャラクターもたくさん登場しそうだ。2016年がはじまる前に、2015年の女性キャラクターを振り返ってみてはいかがだろうか。
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集