諏訪部順一、鳥海浩輔のユニット「フェロ☆メン」 2016年春に初のフルアルバム発売

ニュース

諏訪部順一と鳥海浩輔、実力派声優がタッグを組んだユニットが「フェロ☆メン」だ。2002年11月に結成された自主制作エンタテインメントユニット「謎の新ユニットSTA☆MEN」から派生、現在は“エロティック貴族”をコンセプトにセルフプロデュースで作品を作りだしている。
2009年の「禁忌の薔薇~Aphrodisiac~」シングルリリースを皮切りに、2014年発売の「抱きよせてTONIGHT」まで、これまでに5作のシングルを発表してる。

そんな「フェロ☆メン」が2016年春に初のフルアルバムをリリースすることになった。アルバムには、シングル全5作に加えて、メンバー自身が作詞をした楽曲も複数収録する。「フェロ☆メン」の音楽世界が体感出来る一枚になりそうだ。「フェロ☆メン」の軌跡を追える内容となっている。
作品の詳細や予約開始時期などは今後の発表。「フェロ☆メン」公式サイトなどに注意したい。

「フェロ☆メン」のメンバーである諏訪部順一と鳥海浩輔は、いずれ人気声優だ。諏訪部順一ははテレビアニメ『テニスの王子様』の跡部景吾役を担当したのをきっかけに大ブレイク。跡部景吾のキャラクターソングでの活動を機にその後は音楽活動にも力を入れている。
一方、鳥海浩輔は『NARUTO -ナルト-』の犬塚キバ役でも有名。アニメ『デ・ジ・キャラット』から派生した声優ユニット「P・K・O」のメンバーとしてCDの発売やライブ活動を行ったりと、2002年から謎の新ユニットSTA☆MENのメンバーとしても活動をしている。
いずれも声優にとどまらない活動の広さに定評がある。「フェロ☆メン」のフルアルバムもそのひとつだ。今後も多才な活躍が期待されている。
《高松拳人》

編集部おすすめの記事

特集