「佐賀県を巡るアニメーション」 西村純二監督、岡田麿里も参加の観光PRアニメがPV公開

ニュース 行政

大手映像メーカーのポニーキャニオンは、有田町と武雄市を舞台にしたアニメ「佐賀県を巡るアニメーション」のプロモーション動画を公開した。映像は佐賀県の佐賀文化課が企画したメ作品だ。映像を通じて、佐賀の文化に親しんでもらい県内各地を周遊するきっかけにしてもらおうことを目指している。観光事業振興の一環だ。

一方、作品は役所の企画にとどまらない本格派だ。人気、実力派のスタッフが揃った。監督は『true tears』や『グラスリップ』などを手がけた西村純二が務める。また制作協力として、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』などで知られる岡田麿里が両作に関わっている。
同じく地方を舞台としたTVアニメ『true tears』でコンビを組んでいたふたりだけに、今回のアニメ作品にも期待がかかる。

公開されたPVでは、有田町と武雄市、それぞれ美しい地方の風景が色鮮やかに描かれている。『冬の誓い 夏の祭り 武雄の大楠』は、季節と時間をまたぐ雄大な武雄の大楠に見守られる二人の物語。一方、『約束の器 有田の初恋』は有田の風景を舞台に織りなす青春ストーリーだ。
今回はPVだけだが、作品は今後完成し、広く公開される。現在、2本のアニメは、3月の完成を目指して制作も佳境に入っているという。完成後は、佐賀県内の施設にて公開予定だ。佐賀県文化、そして観光の活性化に一役買いそうだ。

《沖本茂義》

関連ニュース

特集