“「スター・ニャンちゃら」には負けない!” ジバニャン初日舞台挨拶で宣言

イベント・レポート

長澤まさみ/『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』初日舞台挨拶
  • 長澤まさみ/『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』初日舞台挨拶
  • 長澤まさみ/『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』初日舞台挨拶
  • 堀ちえみ/『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』初日舞台挨拶
  • 博多華丸・大吉/『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』初日舞台挨拶
  • 日野晃博、小桜エツコ/『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』初日舞台挨拶
  • 『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』初日舞台挨拶
「妖怪ウォッチ」の人気キャラクター・ジバニャンが12月19日(土)、『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』の初日舞台挨拶に登壇し、「冬の映画館を爆買いだニャン!」と宣言し、「スター・ニャンちゃらには負けない」とライバル心を燃やした。

東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた初日舞台挨拶には、ジバニャンに加えて、ゲスト声優を務めた長澤まさみ、堀ちえみ、博多華丸・大吉、ジバニャンを演じる声優の小桜エツコ、「妖怪ウォッチ」生みの親である日野晃博(レベルファイブ代表取締役社長)が出席した。

昨年、興収78億円の大ヒットを記録した前作に続く劇場アニメシリーズ第2弾は、5つのエピソードで構成されており、天野ケータやジバニャンらおなじみの人気キャラに加えて、映画初登場となる未空イナホ、USAピョンも大活躍する。

日野氏は「前作が大ヒットしたので、プレッシャーが大きかった。前作が大冒険だったので、今回はテレビを見ている人が楽しめるように、5つの物語はそれぞれテレビの続きになっている」と本作をアピール。すでに映画第3弾(タイトル未定)の2016年冬の公開も発表されており、「(本編の一部が)実写になるかも」と語った。関係者によると、詳しい内容は決まっていないものの、本編上映に流れる第3弾の予告編に、実写で撮影された商店街をCGのジバニャンが歩くシーンがあり、日野氏のコメント通り、一部が実写になる可能性はあるという。

生前のジバニャン(アカマル)の飼い主・エミちゃん役の長澤さんは、「何事にも一生懸命なジバニャンを見ていると、勇気づけられる。お子さんはもちろん、大人が見ても楽しめる作品」とアピール。エミちゃんが働く会社の意地悪上司を演じる堀さんは、テレビCMでお手製のジバニャンに変身しており「愛着がわいた」と話していた。

華丸さん&大吉さんは、エンマ大王に仕える妖怪・猫きよと犬まろを演じ、大吉さんは「あのセリフ量で、よくお前ら(舞台に)立っているなと思われるかも…」と恐縮しきり。この日は、ゲスト声優で郷里の先輩である武田鉄矢が出席していなかったため、華丸さんは「怖い先輩がいないので、のびのびやれそう」と笑いを誘った。

『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』は全国にて公開中。短編『スナックワールド』が同時上映される。

ジバニャン、冬の映画館を“爆買い”宣言!「スター・ニャンちゃら」には負けない

《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめのニュース

特集