ボカロ、アニソン、声優アーティスにフォーカス ソニー・ミュージックが新人オーディション開催

ニュース

「ウタカツ!オーディション 2」
  • 「ウタカツ!オーディション 2」
音楽シーンのなかで、アニメやボーカロイドの存在感はますます大きくなっている。そうしたなかでソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)が、ボーカロイド、アニメソング、声優アーティストに限定した歌い手オーディションを開催する。
SMEは「ウタカツ!オーディション 2」を開催、12月4日よりエントリーの受付を開始した。エントリー対象は国内在住の12歳から25歳位までの男女となる。

「ウタカツ!オーディション」は、今回で2年ぶりの開催。今回はボーカロイド楽曲、アニメソング加えて、声優アーティストのジャンルを新たに追加した。歌い手としてだけでなく、声優アーティストとしても活躍したいという意欲持った応募者を期待する。
書類選考の一次審査、全国で行われる二次審査、4月上旬に東京で開催予定の最終審査を経て、グランプリを決定する。グランプリ受賞者にはソニーミュージックグループからのメジャーデビューが確約される。

エントリー方法は郵送・WEB・DAM★ともの3種類を用意する。応募曲はボカロ曲・アニソン・声優アーティスト曲のみとなる。
応募形態はシンガーもしくはユニットで、対象は国内在住の12歳から25歳位までの男女となっている。応募締切は2016年2月14日を予定。詳細は特設ページで確認できる。

SMEは2013年に「ウタカツ!」を開催。第1回グランプリに輝いたCHiCOさんは、CHiCO with HoneyWorksのボーカリストとして、2014年にテレビアニメ『アオハライド』のオープニングテーマ「世界は恋に落ちている」でメジャーデビューを果たした。
その後も『まじっく快斗1412』OPテーマ「アイのシナリオ」などアニメの主題歌を担当し、2015年11月には1stアルバム「世界はiに満ちている」をリリース。2016年1月には初のワンマンライブを控えている。CHiCOさんに続く、新たな才能の発掘に期待したい。
[高橋克則]
《高橋克則》

編集部おすすめのニュース

特集