「文豪ストレイドッグス」アニメPV第1弾公開 中島敦や太宰治、芥川龍之介の姿も

ニュース

2016年より放送開始予定と発表されているテレビアニメ『文豪ストレイドッグス』。ヨコハマを舞台に、中島敦や太宰治、芥川龍之介といった著名な文豪がキャラクター化して異能力バトルアクションを繰り広げる作品だ。
アニメ化決定がすでに大きな話題となっているが、そのPV第1弾がウェブで公開された。ついに気になるキャラクターたちが動き出す。さらにPVの場面カットも公開され、アニメ化の期待を盛り上げる。

今回のPVは、まず11月7日、8日の2日間、東京・池袋で開催された「アニメイトガールズフェスティバル2015」で上映された。ライブな場で披露された。
それをあらためてYouTubeでも公開したかたちだ。

『文豪ストレイドッグス』は、「ヤングエース」(KADOKAWA)にて連載中のアクションマンガを原作とする。原作を朝霧カフカ、作画を春河35が担当。単行本はすでに累計170万部を突破し、勢いに乗っている作品である。
孤児院を追われた青年・中島敦は、とある自殺志願の男・太宰治を助けたことから、異能力集団「武装探偵社」に所属することに。やがて、敦の能力が明らかになり、マフィアの芥川龍之介らや、北米の異能力集団・ギルドとの対決が激化していく。実在した小説家を、大胆な切り口で描き、キャラクターの魅力を引き出している点が大きな特徴だ。

今回のPVは1分42秒と比較的短めの内容だが、動く中島敦、太宰治、芥川龍之介の姿を確認できる。
またそれぞれのキャラクターを演じるキャストの声も確認可能だ。中島敦を演じる上村祐翔をはじめ、宮野真守、小野賢章、細谷佳正、神谷浩史といったキャスト陣が文豪に命を吹き込んでいる。
そしてアニメのスタッフは、『桜蘭高校ホスト部』『STAR DRIVER 輝きのタクト』でタッグを組んだ、監督・五十嵐卓哉と脚本・榎戸洋司。アニメーション制作はボンズという布陣。今回のPVでも、彼らの作りだす世界の一端を感じることができるはずだ。

なお、『文豪ストレイドッグス』は原作、アニメのみでなく、小説やグッズ展開に関しても盛り上がりを魅せている。
フレグランスメーカー「FITS」とコラボレーションしたボディミストなど、一風変わった商品の企画も進行しているという。作品だけでなく、グッズの方でも話題を集めそうだ。

『文豪ストレイドッグス』
(C)2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会
(C)朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA
《ユマ》

編集部おすすめの記事

特集