うまるちゃんの“いなり寿司”に挑戦!アニメシ作ってみた第2回

連載・コラム

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
月乃雫のアニメシ作ってみた第2回 うまるちゃん(『干物妹!うまるちゃん』)に挑戦!

アニメのキャラクターや風景、作中に出てくるごはんなど、アニメに関する様々なものを料理で再現するこのコーナー。第2回は、『干物妹!うまるちゃん』のメインヒロイン、うまるちゃんこと土間埋を作ってみようと思う。

『干物妹!うまるちゃん』は、週刊ヤングジャンプで連載中の漫画が原作の作品。この夏、TVアニメとしても大人気となった。容姿端麗で文武両道、おまけに性格もよく、気品に溢れている。そんな誰もが羨む美妹(びもうと)のうまるだが、彼女には秘密があった。それは、家に帰るなりとんでもない干物妹(ひもうと)になってしまうこと。デフォルメされた姿にお気に入りのハムスターのフード、白い無地のインナーシャツに赤色のスパッツというラフな格好で我儘放題だ。

しかし、ころころ変わる表情や天真爛漫さ、そして何だかんだでお兄ちゃん大好きなところを見ていると、なぜだか憎めない。そんな見る人を魅了する不思議な魅力を持ったうまるちゃんだが、あのハムスターフード姿を見ていると、何かを思い出しはしないか。そう、いなり寿司だ。
これはぜひともチャレンジしたい!作るしかない!と思い立ち、いなり寿司にしてみた。

<材料>(1個分)
・あげ 1~2枚(破れた時のために、少し多めに)
・黒砂糖 大さじ2
・醤油 大さじ2
・みりん 大さじ1
・本だし 大さじ1/2
・水 200CC
・酢飯 お茶碗半分程度
・海苔 1枚
・ハム 1枚
・あげ 半分

<作り方>
1、あげを半分に切り、綿棒や瓶などを押し当ててころころ転がし、沸騰したお湯でさっと油抜きをする。

※ころころすることで、1枚が2枚にはがれやすくなり、綺麗ないなりあげができる。

2、黒砂糖、醤油、みりん、本だし、水を沸騰させ、1のあげを煮込む。

※ハムスター色にしたいので、色がつくようしっかり煮込む。

これくらい色がついたら、いなりあげの完成。

3、酢飯を、ラップを使って俵型のおにぎりにする。うまるちゃんの顔になる部分なので、しっかりにぎる。あげは、写真のような形に切る。


4、3のあげを開き、おにぎりを写真のように包む。


5、あとは、海苔、ハム、味をつけていないあげを使って、うまるちゃんの髪の毛と顔を作れば完成!

※フードの顔は、ごはんと海苔で作る。

6、顔は、好みでいろいろ作ってみると面白い。


実際に作ってみると、海苔がとても細かいので、思った以上に苦戦した。顔を作るのに、ハサミやストロー、つまようじやピンセットがあると非常に便利だ。
以前、ス●ーピーを描いたら切ない妊婦のようだと笑われた筆者の技術ではこれが限界だが、こういった細かい作業が得意な人は、ぜひほかのいろんな顔にもチャレンジしてみてほしい。
≪月乃雫≫

【月乃雫】
アニメ、料理ライター 兼 料理研究家。「ダ・ヴィンチニュース」やこの「アニメ!アニメ!」、企業の会報誌などで原稿を書いたり料理をしたりしています。
《月乃雫》

編集部おすすめのニュース

特集