「ろこどる」舞台のモデル・流山市にてイベント開催  新作OVAのTV放送発表

イベント・レポート アニメ

テレビアニメ『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』と、流山市の鉄道である流鉄流山線のコラボレーション企画が進行中だ。『ろこどる』の舞台である架空の都市・流川市は、千葉県の流山市をモデルとしている。流鉄流山線がまもなく開業100週年を迎えるのを記念して、今回のコラボ企画が実現した。
コラボの内容として、メインキャラクターふたりによる社内アナウンスを楽しめる車両が運行している。このほか、流川市のゆるキャラ・魚心くんと流川ガールズのオリジナルイラストが描かれたフリー乗車券が発売中だ。

今回のコラボプロジェクトの一環として、2015年9月23日に流山市文化会館にてキャスト登壇のスペシャルイベントが開催された。宇佐美奈々子役の伊藤美来と小日向縁役の三澤紗千香さんが登壇し、トークとライブでイベントを盛り上げた。さらにイベントで新作OVAが2015年末にテレビ放送されることが明かされた。

抽選で当選したファンで満員となった会場に、流鉄とのコラボ記念Tシャツを身にまとい登場したふたり。伊藤さんは前回出演した流山市のイベントを振り返ると、誕生日が近かったためにサプライズプレゼントとしてオリジナルのみりんをもらったエピソードを披露。さらに三澤さんからは「美来ちゃんがみりんでつくった肉じゃがを食べたい!」というリクエストもあがっていた。
さらに話題は制作が発表されている新作OVAへと移った。ここでサプライズゲストとして監督の名和宗則さんが登場。名和監督からOVAは2本制作されることが発表された。さらにTVアニメのアフターストーリーが描かれることも明らかとなった。

そして、いよいよライブコーナーがスタート。伊藤さんと三澤さんにより、オープニングテーマ「ミライファンファーレ」が披露された。その後、マスコットキャラ・魚心くんも交えての「流川ガールズソング」が歌われた。ファン総立ちの大興奮のライブとなった。
ライブコーナー終了後には、2015年末にTBS、BS-TBSにてOVAをテレビ放送することが発表され、会場からは大歓声が上がっていた。

イベントの最後は、会場のファンと一体となって劇中挿入歌「あぁ流川」を合唱した。今回は、流山でのイベントということで、「流川」の歌詞を「流山」にしての替え歌「あぁ流山」バージョンを大合唱。イベントは大盛況で幕を閉じた。
《沖本茂義》

関連ニュース

特集