「ダイヤのA」the LIVE 、野球シーンは秀逸、高校球児たちの熱い群像劇で感涙

連載・コラム

(C)寺嶋裕二・講談社/「ダイヤの A」The LIVE 製作委員会
  • (C)寺嶋裕二・講談社/「ダイヤの A」The LIVE 製作委員会
  • (C)寺島裕二/講談社
  • (C)寺嶋裕二・講談社/「ダイヤの A」The LIVE 製作委員会
  • (C)寺嶋裕二・講談社/「ダイヤの A」The LIVE 製作委員会
  • (C)寺嶋裕二・講談社/「ダイヤの A」The LIVE 製作委員会
  • (C)寺嶋裕二・講談社/「ダイヤの A」The LIVE 製作委員会
  • (C)寺嶋裕二・講談社/「ダイヤの A」The LIVE 製作委員会
  • (C)寺嶋裕二・講談社/「ダイヤの A」The LIVE 製作委員会
高浩美の アニメ×ステージ&ミュージカル談義 第134回
[取材・構成: 高浩美]

■「役者、音楽、照明、映像・・・関わる全てのセクション各々の最大限の努力で演劇ならでは表現、ライヴ感を作り上げたい」(下浦貴敬)

大人気野球マンガ『ダイヤのA』が初の舞台化となる。野球マンガの舞台化は遡ること、1969年、実はあの『巨人の星』が舞台化されている。それから、野球マンガは全く舞台化されていなかったのである。そして21世紀に入り、この『ダイヤのA』が舞台化、実に46年ぶりとなる。
今回描かれるストーリーは単行本では5巻までとなる。今回の舞台化にあたってプロデューサーの下浦貴敬は「正直、『巨人の星』はお伺いするまで知らなかったんですが、漫画、アニメ原作の舞台化作品がこれだけ多発している中、この作品をプロデュースするにあたり、原作を読み、アニメを見て、『ダイヤのA』の何がこれだけの人々の心を惹き付けるのか。自分なりに考えて、思ったのがファンタジーの世界観の中にある、登場人物のリアルな感情。そして、これは舞台化するにあたってもひとつの柱として演出の浅沼さんとも相談してきました。浅沼さんは顔合わせで”本物であること。”を追求して作品を作り上げていきたいとおっしゃってくれました。それはキャスト、スタッフに対してのひとつの大きな矢印を示してくれたんだと思います。もちろん、野球の試合を舞台でそのまま行なうことはできないし、やらないのですが、役者、音楽、照明、映像・・・関わる全てのセクション各々の最大限の努力で演劇ならでは表現、ライヴ感を作り上げたいと思っています。そのライブ感こそが今回の『ダイヤのA』The LIVE の魅力としてなっていければと思っています」とコメントを寄せてくれた。

『ダイヤのA』の魅力はなんといっても登場するキャラクター達。優等生はいない。皆、欠点だらけである。個性も生い立ちもばらばらな少年たちが1つの目標に向かって進んでいく。
感情豊かで単純で素直な主人公・沢村栄純。野球が大好きな気持ちは人一倍だ。クールに無愛想に見えるが内にマグマのような闘志を燃やす降谷暁やアグレッシヴで頼りになる御幸一也等、チームメイトも個性的だ。そんな彼らが紡ぎだす物語に心動かされるのである。

■ 登場人物の関係性、内面をきっちりと描いており、大事なことに気づかされる

舞台上は何もないに等しい。幕開きは野球の試合開始の、あのサイレンの音だ。青道のメンバーが登場し、”俺たち、青道!”と連呼、それからオープニング、主題歌にのってアニメさながらにタイトルロールやキャラクターが映し出される。ここで早くもテンションがアップ、沢村が青道に入部する下りから始まる。さっそくの遅刻、原作通りに物語は流れていく。
タメ口な上に、かなりのビッグマウスな沢村、先輩たちからは”なんだ、あいつ~”的な目で見られるも一向に気にしない。原作・アニメから抜け出たような沢村を小澤廉が元気よく演じる。ガハハ笑いは、もう沢村そのものだ。

物語は沢村が青道の野球部に入り、練習試合を経て一軍入りするところまでだ。全体から見ると、ほんの出だしの部分だけである。だからこそ、登場人物の関係性、内面をきっちりと描ける。エピソードはほとんどはしょられていない。些細なエピソード、プリンを食べてしまった下りまで描かれているので、ここはファン的には嬉しいポイントであろう。
原作同様に沢村中心に進行するが、サブキャラもしっかりと描いているので群像劇の要素もある。皆、それぞれの想いがある。その心のひだまでに入り込む演出、とりわけ、滝川・クリス・優のエピソードは泣かせる。将来を嘱望されながら、故障のために本来の力を発揮出来なかったもどかしさを内に秘め、沢村をサポートする。そんな想いに気づく沢村は滝川の期待に応えようと奮闘する。滝川もまた、沢村の一途な姿勢に触発される。その関係や姿勢は清々しく、ふと忘れかけていた大事なものに気づかされる。滝川の心の機微を汐崎アイルが好演する。そして一軍入りのメンバーの発表、”選ばれた者は選ばれなかった者の分まで戦う”、それは現実でも同じことだ。

ビジュアル的には”野球をどうやって表現するのか”に関心が集中するが、ここは1つのパターンのみでの表現ではない。映像・効果音を駆使したり、あるいはピッチャーを舞台上部にすえ、その下にキャッチャー、バッター、審判を配する等、シーン毎に変えていたのは秀逸だ。
また野球ならではのプレー、塁に出る、走る、スチールする、キャッチャーがランナーを刺す、といった場面は映像・効果音を使い、舞台の上下部分を有効に使い臨場感を出していた。ひとつの表現に固執せず、シーン毎に表現を変え、メリハリをつける。また、野球はチームプレイ。ピッチャーの動き、バッターの仕草、キャッチャーの構え等のそれぞれのコンビネーションも上手くハマり、観客は『ダイヤのA』の世界に没入出来る。クリエイター、キャスト、スタッフのチームワークの良さも感じる。
舞台版の主題歌『Grateful Story』が作品世界を盛り上げる。上演時期もちょうど甲子園シーズンと重なり、リアルでも高校球児たちが白球を追う。この続きも夏に上演して欲しい。上演時間は休憩も含めて約2時間半程。長さを感じさせない力作だ。
《高浩美》

編集部おすすめのニュース

特集