CGガンバが走る!「GAMBA ガンバと仲間たち」特報公開 驚異のビジュアル | アニメ!アニメ!

CGガンバが走る!「GAMBA ガンバと仲間たち」特報公開 驚異のビジュアル

ニュース

(C)SHIROGUMI INC., GAMBA (左から、ガクシャ、マンプク、ヨイショ、ガンバ、潮路、忠太、ボーボ、イカサマ)
  • (C)SHIROGUMI INC., GAMBA (左から、ガクシャ、マンプク、ヨイショ、ガンバ、潮路、忠太、ボーボ、イカサマ)
  • CGガンバが走る!「GAMBA ガンバと仲間たち」特報公開 驚異のビジュアル
  • 森本千絵
その製作発表が一大センセーションを巻き起こした映画『GAMBA ガンバと仲間たち』の特報映像がこのほど公開された。特報は1分足らずではあるが、そこには2015年ならではのビジュアルで、躍動感溢れるガンバとその仲間たちが活き活きと描かれている。
さらにキャラクターたちが並んだビジュアルも公開された。すらっとした姿は従来のイメージを大きく覆し、新鮮さを感じさせる。そこからは『STAND BY ME ドラえもん』で世界を驚かせた白組の3DCGがさらに進化していることも分かるだろう。子ども、そして長年のガンバファンからも人気を集めそうだ。

映画『GAMBA ガンバと仲間たち』は、児童文学の名作で斎藤惇夫が書いた『冒険者たち ガンバと15 ひきの仲間』を原作とする。1972年に刊行されて以来、長年、愛され続けてきた。
さらに1975年にテレビアニメ化された『ガンバの冒険』が、本作を強く印象づけている。今回の映画化にあたっても、テレビアニメシリーズに言及するファンが多かった。しかし、映画化にあたっては、あえてこれとは全く異なるビジュアルを採用した。野心作であると同時に、作品の新しさを広く感じさせる。



また6月13日からは、全国劇場にティザーポスターの掲出もはじまる。こちらも目を惹くデザインとなっている。ロングセラーとして岩波書店より刊行されている藪内正幸による原作小説の表紙のイラストを元に、今回のキャラクターでビジュアルを作りあげた。
構図はそのままに、キャラクターたちがCGのキャラクーに入れ替わる。長年愛されてきた原作とCGアニメーションの融合を感じさせる。

さらに今回のティザービジュアルをはじめ映画本編エンドロールの企画・演出、宣伝の全体的なコンセプト、宣伝美術のディレクションなどを森本千絵が担当することも発表された。森本千絵は、日本を代表するアートディレクターとして知られている。
『GAMBA ガンバと仲間たち』は、総製作費20億円という超大作。エグゼクティブ・プロデューサーにはアヴィ・アラッド、音楽にはベンジャミン・ウォルフィッシュ、脚本には古沢良太が参加することが決まっている。ここでまたひとり大物が映画スタッフとして加わったかたちだ。

映画『GAMBA ガンバと仲間たち』
10月ロードショー
http://gamba-movie.com

原作: 斎藤 惇夫「冒険者たち ガンバと15 ひきの仲間」(岩波書店刊)
脚本: 古沢良太
企画・総監督: 小川洋一
監督: 河村友宏、小森啓裕
製作・アニメーション制作: 白組
配給: 東映

映画『GAMBA ガンバと仲間たち』
(C)SHIROGUMI INC., GAMBA
10月ロードショー
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「GAMBA ガンバと仲間たち」10月10日公開 総製作費20億円、あの名作を白組がCGアニメ化 画像 「GAMBA ガンバと仲間たち」10月10日公開 総製作費20億円、あの名作を白組がCGアニメ化
  • 「ガンバの冒険」HDリマスターでBlu-ray BOX発売 TV全話に劇場2作品収録 画像 「ガンバの冒険」HDリマスターでBlu-ray BOX発売 TV全話に劇場2作品収録

特集