宮崎駿が企画・構成する江戸川乱歩の「幽霊塔」 三鷹の森ジブリ美術館の新企画展示 | アニメ!アニメ!

宮崎駿が企画・構成する江戸川乱歩の「幽霊塔」 三鷹の森ジブリ美術館の新企画展示

ニュース

『となりのトトロ』や『千と千尋の神隠し』など数多くの傑作を世に送り出す宮崎駿監督が、江戸川乱歩をテーマに三鷹の森ジブリ美術館の企画展「幽霊塔へようこそ展 ―通俗文化の王道―」を手がけた。宮崎駿監督はかねてより美術館の展示企画・構成を行っているが、その最新企画となる。
新企画展示は2015年5月30日(土)より開催する。宮崎駿監督が江戸川乱歩の小説『幽霊塔』の面白さや作品の舞台となる“時計塔”をマンガパネルにて紹介する。

江戸川乱歩は1894年生まれ、1965年に亡くなるまで怪人二十面相/少年探偵団シリーズなどの少年向け小説、デビュー作『二銭銅貨』や『D坂の殺人事件』など本格推理小説など数々の傑作を世に送り出した。日本の推理小説界に長年大きな影響を与え続けている。
『幽霊塔』は英国の作家A・M・ウィリアムスンが1898年に発表した小説『灰色の女』を黒岩涙香が『幽霊塔』として翻案、さらに1937年に江戸川乱歩がさらに加筆した。宮崎駿監督は、中学生の頃に『幽霊塔』に触れ、胸踊らせたという。時計塔やロマンスは宮崎監督の初の劇場監督作『ルパン三世 カリオストロの城』の舞台設定にも大きな影響を与えた。

宮崎駿監督は、今回の展示の企画・構成を担当した。このために60年ぶりに本作を読み直し、『幽霊塔』が通俗文化の王道をゆくものであると思い至った。
展示では、監督がそうした結論に至った理由を自身の描き下ろしマンガにて解説する。また館内中央ホールには、宮崎監督がデザインした巨大な「時計塔」が出現する。さらに螺旋階段を昇り展示室へ向うと、宝物が隠された地下迷宮を思わせる迷路が設けられる。そした迷路の先には映画『ルパン三世 カリオストロの城』のジオラマが登場する。ここでその舞台の構造について解説する。単なる企画展示に留まらないエンタテインメント空間になりそうだ。

宮崎駿監督の大掛かりな企画だけに大きな注目を浴びるのは間違いないだろう。それだけにチケット入手情報には気をつけたい。
チケットは入場予約制で購入する。さらに2015年夏は先行抽選販売を実施する。これまでこの時期は「チケットが取れない」との意見があったことから、より多くのファンにチケット購入の機会を提供するためだ。企画展は2016年5月までを予定している。

三鷹の森ジブリ美術館
http://www.ghibli-museum.jp/

「幽霊塔へようこそ展」
―通俗文化の王道― 
開催期間: 2015年5月30日(土)~2016年5月(予定)
特別協力: スタジオジブリ (C)Nibariki(C)Museo d'Arte Ghibli

■ 三鷹の森ジブリ美術館(入場予約制)のチケット購入方法
(1) 全国のローソンにて毎月10日(土・日・祝日の場合は翌平日)より翌月分のチケットを発売。店頭
Loppi、電話、インターネットで予約申し込み
(2) 2015年の夏休みシーズン入場チケットのみ、10日の一般チケット発売に先行して、抽選販売を実施。
7月分は5/25(月)から、8月分は6/25日(木)より、インターネットと電話にて申込受付開始。

「幽霊塔へようこそ展」
(c)Nibariki (c)Museo d'Arte Ghibli
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • ジブリ美術館が初の試み、夏休みシーズン入場チケットを先行抽選販売  画像 ジブリ美術館が初の試み、夏休みシーズン入場チケットを先行抽選販売 
  • アニメーション文化研究に助成 ジブリ美術館が今年も実施、1月10日に説明会開催 画像 アニメーション文化研究に助成 ジブリ美術館が今年も実施、1月10日に説明会開催

特集