「ニンジャスレイヤー」が世界を駆ける 2015年春配信開始、2016年TV放送 | アニメ!アニメ!

「ニンジャスレイヤー」が世界を駆ける 2015年春配信開始、2016年TV放送

ニュース

製作発表から話題のアニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』の情報が続々発表された。『ニンジャスレイヤー』の原作は、ブラッドレー・ボンドさんとフィリップ・N・モーゼズさんによる「サイバーパンク・ニンジャ活劇小説」。Twitter上での連載で大きく話題となり、アニメ化が決定した。アニメーション制作を『キルラキル』のTRIGGERが手掛けるのも注目されている。
今回公開されたのは2枚のビジュアルとスタッフ、そして配信情報である。作品がテレビ放送に先行し、世界配信からスタートするのもサプライズだ。
ニコニコ動画、ニコニコ生放送、dアニメ、バンダイチャンネルなど11のサイトが公開された。4月16日から世界配信が決定、同日23時からニコニコ動画で日本最速配信となる。

スタッフはキャラクターデザインの今石洋之さんをはじめ5名が発表された。今石洋之さんは、『天元突破グレンラガン』や『キルラキル』の監督などで知られる。
またクローンヤクザなどのサブキャラクターデザインは芳垣祐介さん、TRIGGERの担当した「日本アニメ(ーター)見本市」の作品でもキャラクターデザインを担当した。さらに女子高生ニンジャ「ヤマト・コキ」のデザインをsaitomさんを起用する。ジャーナリスト「ナンシー・リー」のデザインに稲戸せれれさん、「ドラゴン・ユカノ」のデザインに信じろさんとなっている。
シリーズ構成には雨宮哲さん、脚本は佐藤裕さんとなった。音楽は安室奈美恵さんや浜崎あゆみさんなどのアーティストの楽曲を手掛ける大澤伸一さん、そしてアニメ楽曲に多く参加しているTeam-MAXの藤澤健至さんが担当する。

さらに『ニンジャスレイヤー』は世界へ駆け抜ける。配信予定国として米国、カナダ、イギリスなど30ヵ国以上を予定している。
またすでにテレビ放送も決まっている。日本では2016年から地上波テレビシリーズの放送する。配信がテレビ放送におよそ1年先行する現代的な取り組みになる。
2015年3月に開催されるAnimeJapan 2015でもステージが予定され、作品はすでに盛り上がりを見せている。今後も公開される情報を楽しみに待ちたい。

『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』
http://www.ninjaslayer-animation.com/

原作:「 ニンジャスレイヤー」(発行元:KADOKAWA エンターブレイン)
著者: ブラッドレー・ボンド/フィリップ・N・モーゼズ
翻訳: 本兌有/杉ライカ
キャラクター原案: わらいなく
シリーズディレクター・シリーズ構成: 雨宮 哲
脚本: 佐藤裕
キャラクターデザイン: 今石洋之/芳垣 祐介/saitom/稲戸せれれ/信じろ
美術監督: 勝田聡/李 暎宰(QREAZY)
色彩設計: 長尾 朱美(Wish)
撮影監督: 柏木 健太郎(アスラフィルム)
ラジオプレイ・アニマティクスエディター: 土田栄司
メインテーマ: BOOM BOOM SATELLITES
音楽: 大沢伸一/藤澤健至(Team-MAX)
音楽制作: スターチャイルドレコード
音響監督: 郷文裕貴
音響制作: grooove
アニメーション制作: TRIGGER
製作: ニンジャ委員会

国内配信
ニコニコ動画、ニコニコ生放送、dアニメ、アニメパス、GYAO!
NTTぷらら、DMM、SCE、バンダイチャンネル、楽天ショウタイム、VIDEOMARKET
※配信日・配信時間は予告なく変更する場合有。

『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』
(C)Ninj@ Entertainment/Ninj@ Conspiracy
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • ネオサイタマから「ニンジャスレイヤー」がAnimeJapan2015にやってくる メインキャストも明らかに 画像 ネオサイタマから「ニンジャスレイヤー」がAnimeJapan2015にやってくる メインキャストも明らかに
  • 「ニンジャスレイヤー」今度は“アニメ”トレーラー公開  続々とキャラクター姿を見せる 画像 「ニンジャスレイヤー」今度は“アニメ”トレーラー公開 続々とキャラクター姿を見せる

特集