「血界戦線」完全新作アニメ登場 公式ファンブックにDVD同梱版が発売決定

ニュース

2015年4月から6月にかけて放送され大ヒットとなった『血界戦線』が、再び映像になって帰ってくる。完全新作のアニメが制作され、2016年6月3日発売の「血界戦線 公式ファンブック B5」に同梱版が用意されることが明らかになった。
放送が終了した後も熱は続く作品だけに、ファン待望の一本になりそうだ。『血界戦線 公式ファンブック B5』 【完全受注生産限定】アニメDVD同梱版は6000円(税抜)、DVDのない通常版は3000円(税抜)。予約締切は3月31日までだ。

DVDは長さ25分となる。ストーリーは単行本第8巻のエピソード「王様のレストランの王様」を取り上げる。とある国の次期国王であるフリージャの招待で、とんでもなく豪華なレストラン「モルツォグァッツァ」にやってきたライブラメンバーたちの一幕だ。経験したことのない料理の美味しさにおかしくなっていく様子がコミカルに描かれる。
ライブラメンバーたちのキャラクターの個性がたっぷりと活かされているファンに人気のエピソードだ。アニメではどのように表現されるのか、ファンの期待も高まるだろう。
アニメーション制作はボンズ、監督は松本理恵、人気の高かったテレビシリーズのスタッフが再結集する。こちらもファンんにはうれしいに違いない。

もちろん公式ファンブックも、見逃せない内容が満載となる。B5サイズで大判仕様の表紙は両面をぞれぞれ原作とアニメの描き下ろしで飾る。「ジャンプSQ.」2008年6月号に掲載された『血界戦線』のプロトタイプ作品55ページをカラー扉も含めて完全再現し、初収録する。
『血界戦線』は「ジャンプSQ」などで連載、現在は『血界戦線 Back 2 Back』が「ジャンプSQ.CROWN」で連載している。テレビアニメは2015年4月から6月の期間放送され、マンガとはまた異なるストーリーが展開、好評を博した。



『血界戦線』
(C)2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集