AnimeJapan 2015 メインエリアの楽しみかた 野島鉄平プロデューサー、金沢利幸氏に訊く | アニメ!アニメ!

AnimeJapan 2015 メインエリアの楽しみかた 野島鉄平プロデューサー、金沢利幸氏に訊く

インタビュー

2015年3月20日から22日まで、総合アニメイベントであるAnimeJapan 2015が東京ビッグサイトで開催される。(20日はビジネスエリアのみ)。初開催だった前回AnimeJapan 2014は2日間で11万人以上が来場し大成功を収めている。
イベントの牽引力になっているのが、東京ビッグサイト東展示棟1~6に広がるメインエリである。ここでは企業ブースのほか、3つの大型ステージやオープンシアターが設けられ、人気作品や声優、アーティスト、制作スタッフが多数登場する。さらに、Anime+ステージ、Production Works Streetやチャリティーオークションなど主催者企画も多彩である。

AnimeJapan 2015のメインエリアの見どころは?そして、それらはどういったコンセプトで創られているのか?
アニメ!アニメ!では、前回の総合プロデューサーに引き続き、メインエリアを担当するエンターテインメントエリアカテゴリーのプロデューサー・野島鉄平氏、そして金沢利幸氏に話を伺った。3月のAnimeJapan 2015が待ちきれなくなる情報もたっぷりだ。

AnimeJapan 2015
http://www.anime-japan.jp/
*「事前販売 入場券(ステージ観覧抽選応募権付き)」は2月15日まで。

■ 「2014を越える」が大前提、「プラスアルファ」を目指す

――今回、「AnimeJapan 2015」はプロデューサー6人ということですが、そのなかでの御二方の役割から教えてください?

野島鉄平氏(以下野島)
二人とも主に一般のファンのかたが訪れるメインエリアを担当しています。僕はステージイベント、プロダクションワークスストリートやコスプレエリアなどの主催者施策、その全体を見ています。金沢さんはオフィシャルグッズと、ポスターやCMを含めた宣伝まわりを担当しています。

――初回であった2014年は、非常に多くの来場者が訪れました。メイエリアと言えば、多くのファンを集めるステージもありましたが、ほとんど事故もなく大成功だったと思います。主催者側の手応えはあったのでしょうか?

野島
準備期間が短い(昨年は準備期間が実質半年だった)なかであれだけ多くのお客さんが集まっていただけて感謝しています。それと2日間を通して、お客様の滞留時間が長かった事はよかったと思います。
AnimeJapanは見るところがいろいろあって楽しんでいただけたのではないでしょうか。

fd
野島鉄平氏

――逆に2014年がこれだけ成功すると、2015年はさらに新しいものも期待されて、辛くないですか?

野島
僕らの中でも「2014を越えよう」というのは大前提です。プロデューサー陣で、「去年のものをベースとしてなるべく残す。さらにプラスアルファ何を加えるのか」をかなり時間をかけて会議をしました。メインエリアでいうと6時間ぶっ通しで会議したりしましたね。(笑)

――6時間話し合って、「プラスアルファ」の答えは?

野島
色々とでましたね。その中で僕が思う目玉は「アニメプラスステージ」です。去年もオープンステージはあったのですが、出展社に場所を提供するかたちでした。そこを主催者施策のステージに変更して、今回は中身を全て主催者が考えています。
例えばアニラジアワードがあります。こちらは<音泉>様、響様、文化放送様、アニメイトTV様というラジオに関わる企業様全面協力のもと、2014年放送配信ラジオ番組から、一般投票で色々な賞を発表しようと思っております。こちらはたくさんの番組がたくさんの人と出会える機会の場と考えてます。既に1万票以上の投票があり、反響があってうれしいですね。
グッズコンペティション企画では、グッズスマイルカンパニー、コスパ、ムービックの3社が参加します。ユーザーから募集したグッズ企画をその場で「買った」という判断してもらい、採用されれば実際に商品化されます。
これまでホテルで実施していたアニサマ(Animelo Summer Live)の記者会見もここでやります。そしてこのステージは全て整理券なしで見られます。

■ AnimeJapan だから実現するコラボレーションとは?

fd
金沢利幸氏

――主催者施策としては、オフィシャルグッズも力を入れられていますね。

金沢利幸氏(以下金沢)
去年も、作品の垣根を越えて『艦隊これくしょん -艦これ-』と『ストライクウィッチーズ』と『ガールズ&パンツァー』の3作品でのコラボや、『魔法少女まどか☆マギカ』と『あらいぐまラスカル』のコラボをやらせていいただき好評な結果となりました。こちらも昨年を越えようということを目標に取り組んで、AnimeJapanだからこそのアイテムを実現しようと取り組んでいます。
まず『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』と『ゴッドイーター』。こちらは2015年放送作品の制作スタジオコラボで、両作ともアニメーション制作がufotableさんです。
もうひとつは、『うたの☆プリンスさまっ♪』と『月刊少女野崎くん』。女性ユーザーに向けた作品の組み合わせです。『うたプリ』に出てくるピヨちゃんと『野崎くん』のタヌキのキャラクターがコラボレーションしています。
また、「伝統工芸品×アニメ」というテーマの下、日本文化とのコラボレーションを実現し、グッズの販売も展開します。

――そちらは展示だけでなく、販売もされるんですか?

金沢
はい。現在伝統工芸を作っている窯元さんや、作家さんとお話をしつつ「どういったものがつくれるか?」を進めています。


次ページ 「メインステージ、コスプレ…もより楽しく」

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 総合アニメイベントAnimeJapan 2015は何を目指す?総合プロデューサー池内謙一郎氏、廣岡祐次氏に訊く-前編- 画像 総合アニメイベントAnimeJapan 2015は何を目指す?総合プロデューサー池内謙一郎氏、廣岡祐次氏に訊く-前編-
  • ファミリー、音楽、ビジネスも さらに広がるAnimeJapan 総合プロデューサー池内謙一郎氏、廣岡祐次氏に訊く-後編- 画像 ファミリー、音楽、ビジネスも さらに広がるAnimeJapan 総合プロデューサー池内謙一郎氏、廣岡祐次氏に訊く-後編-

特集