「ベイマックス」遂に興収80億円突破、週末興収ランキングは6週目で依然トップ | アニメ!アニメ!

「ベイマックス」遂に興収80億円突破、週末興収ランキングは6週目で依然トップ

ニュース

(C) 2014 Disney. All Rights Reserved
  • (C) 2014 Disney. All Rights Reserved
  • (C) 2014 Disney. All Rights Reserved
  • (C) 2014 Disney. All Rights Reserved
  • (C) 2014 Disney. All Rights Reserved
  • (C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • (C) 2014 Disney. All Rights Reserved
  • (C) 2014 Disney. All Rights Reserved
  • (C) 2014 Disney. All Rights Reserved
2014年12月20日に劇場公開したディズニー・アニメーション『ベイマックス』がいよいよ興行収入80億円を突破した。海外アニメーションとしては2014年の『アナと雪の女王』以来、アニメーションとしては『STAND BY ME ドラえもん』以来の快挙、大型ヒットである。
配給によれば、8週目となる直近の週末2月7日、8日二日間の動員は17万2040人、興行収入は2億2706万4000円でランキング1位だった。公開開始直後の2週間は、『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』に1位を譲ったものの3週目以降は6週連続で1位、公開から1ヵ月半経っても、その勢いに陰りは見えない。驚異的なヒットになっている。

また2月9日までの累計動員は、628万4604人、累計興行収入は80億292万5800円となっている。大作、話題作が並んだ正月映画の中でNO1、記録的な大ヒットになった『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』を興行収入で抜くほどの人気になっている。
社会現象と言えるほどの勢いはいましばらく続きそうだ。動員、興行収入記録もどこまで伸びるかも注目だ

こうした人気の理由として配給は、口コミの強さをあげている。SNSなど高い評価が飛び交うほか、『ベイマックス』をネタにした写真やコミュニケーションも相次ぐ。また、リピーターも数多いという。
アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネートされるほか、同時上映の『愛犬とごちそう』も短編アニメーション賞に名前が挙がるダブルノミネーションになっている。『愛犬とごちそう』は、アニー賞で短編アニメーション賞を受賞した。今後のさらなる活躍が期待されている。

『ベイマックス』
http://www.disney.co.jp/movie/baymax.html

[2月7日、8日 週末興行成績]
動員: 17万2,040人
興行収入: 2億2,706万4,700円

[累積興行成績]
~2月9日(月)
累計動員: 628万4,604人
累計興行収入: 80億292万5,800円
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 可愛いぬいぐるみ「TSUM TSUM」にベイマックス登場 3月3日に数量限定で販売開始 画像 可愛いぬいぐるみ「TSUM TSUM」にベイマックス登場 3月3日に数量限定で販売開始
  • 「ベイマックス」累計興収70億円突破 4週連続週末興行ランキング1位 画像 「ベイマックス」累計興収70億円突破 4週連続週末興行ランキング1位

特集