GAINAXの幻の作品「蒼きウル」 世界市場目指して、シンガポールに製作主体を設立 | アニメ!アニメ!

GAINAXの幻の作品「蒼きウル」 世界市場目指して、シンガポールに製作主体を設立

ニュース

(C) Uru in Blue LLP
  • (C) Uru in Blue LLP
  • (C) Uru in Blue LLP
  • (C) Uru in Blue LLP
  • (C) Uru in Blue LLP
アニメ史上に残る傑作長編アニメ『王立宇宙軍 オネアミスの翼』、本作の続編として長年企画が暖められていることを知るファンも多いだろう。その作品『蒼きウル』が2015年、いよいよ動き出すことが明らかにされた。しかも、その製作主体はシンガポールに置かれて、世界を目指すという。
ガイナックスとUru in Blue LLPは、12月5日から7日までシンガポールで開催されたアニメフェスティバルアジア(Anime Festival Asia )2014で、『蒼きウル』の制作開始を発表した。会場にブースが設けられ、作品のビジュアルなどを発表した。

監督と脚本はガイナックスの代表取締役でもある山賀博之さんが務め、キャラクターデザインは「エヴァンゲリオン」シリーズでお馴染みの貞本義行さんが担当する。『王立宇宙軍 オネアミスの翼』と同じだ。
作品は長編劇場アニメとなり、2018年の世界同時公開を目指す。また2015年春には先行短編としてあるOverture版が公開される。
製作にあたっては、国内のアニメ製作で一般的な製作委員会方式を用いず、シンガポールでLLP(有限責任事業組合)を設立した「Uru in Blue LLP」を設立した。これまでの枠組みに捉われない制作を目指す。LLPを主体に世界中から資金と人材を集める。
今回の製作発表第一報がシンガポールとなったのも、こうした事情を反映していそうだ。どんなかたちで世界に送りだされるのか大きな関心を集めるに違いない。

製作発表について山賀博之監督は、大きな意気込みを見せる。
「『蒼きウル』はGAINAXにとっても特別な作品。技術的にも制作方式についても新機軸を打ち出していきます。世界中の新しい技術を使い、世界中の優れたクリエイターたちと一緒に制作していきたい」と話す。

『蒼きウル』の企画が誕生したのは、いまから20年以上前に1993年だ。かなりの大作ということもあり、長年企画は暖められていた。
それが2013年春に開催された東京国際アニメフェア2013のガイナックスブースで再始動が告知され、多くのファンを驚かせた。それがいよいよ海外を拠点に動き出したことになる。
発表に合わせてポスタービジュアルも公開されている。白い背景に赤いメカニックが印象的に描かれたものだ。今後の展開に要注目だ。

『蒼きウル』 Facebook公式ページ
https://www.facebook.com/aokiuru.gainax

『蒼きウル』
(C) Uru in Blue LLP
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 王立宇宙軍の続編「蒼きウル」20年ぶりに始動 ガイナックスがアニメフェアで発表 画像 王立宇宙軍の続編「蒼きウル」20年ぶりに始動 ガイナックスがアニメフェアで発表
  • 東南アジア最大のアニメフェスAFA2014、12月開催 Anime Japan2015とも連携 画像 東南アジア最大のアニメフェスAFA2014、12月開催 Anime Japan2015とも連携

特集