王立宇宙軍の続編「蒼きウル」20年ぶりに始動 ガイナックスがアニメフェアで発表 | アニメ!アニメ!

王立宇宙軍の続編「蒼きウル」20年ぶりに始動 ガイナックスがアニメフェアで発表

特集 東京国際アニメフェア

3月21日から東京ビッグサイトでスタートした東京国際アニメフェア2013会場のガイナックスブースで、驚きの企画が公開された。ブースでは、現在スタジオが進める6つの作品をポスタービジュアルで紹介、そのひとつに劇場アニメーション『蒼きウル』が含まれていた。
また、ブースの天井に掲げられた帯には「93年 企画始動 20年の時を経て」のキャッチコピーがあった。本作が『王立宇宙軍 オネアミスの翼』(1987年製作)の続編として、90年代初めに企画された『蒼きウル』の再始動であることがわかる。

公開されたポスタービジュアルは、白の背景に印象的な赤いメカニックが描かれている。そして、監督・脚本は山賀博之さん、キャラクターデザインを『新世紀エヴァンゲリオン』、『おおかみこどもの雨と雪』などの貞本義行さんとしている。いずれも『王立宇宙軍 オネアミスの翼』のスタッフだ。
劇場アニメーションとしているが公開時期などは明らかにされていない。他のスタッフも未発表である。しかし、名作と名高いタイトルの20年ぶりの続編企画再始動だけに、多くのファンの注目、話題をさらうことになりそうだ。

他の発表タイトルも気になるものが多い。自動車会社とのタイアップで話題を呼んだ作品の映画化『劇場版 放課後のプレアデス』、劇場版CGアニメ『天使予報~ストレンジウェザーズ』、こちらも原作を山賀さんが手がける『ウィザード』、テレビアニメ『あくびをするにはワケがある』、『さどんです』だ。いずれも情報はまだ少ないが、今後の展開を気にしたい。
さらにブースではかなり広いスペースをとって企画展示「ガイナックス流 アニメ作法 ~人の群れがアニメを創る!~」を行っている。等身大のパネルイラストや原画や絵コンテなどの展示によりアニメの出来るまでを紹介するものだ。じっくりと時間をとって楽しめるものとなっている。

東京国際アニメフェア2013
/http://www.tokyoanime.jp/ja/
ガイナックス
/http://www.gainax.co.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • パトリス・ルコント監督来日、アニメフェアで「The Suiside Shop」トーク“次回作もアニメーション” 画像 パトリス・ルコント監督来日、アニメフェアで「The Suiside Shop」トーク“次回作もアニメーション”
  • 河森正治監督の新企画第1弾「ノブナガ」多次元プロジェクト「The Fool」始動 画像 河森正治監督の新企画第1弾「ノブナガ」多次元プロジェクト「The Fool」始動

特集